お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-04 15:40
色の分布特徴を利用した爪領域抽出法
藤嶋教彰星野 聖筑波大
抄録 (和) 色情報のみを使用する方法ではカメラに反射光をあまり返さない角度の爪の領域を抽出することが困難である.著者らは,爪領域は周辺との色のばらつきが小さいという性質が解決の鍵であると考えた.そこで,本稿では色のばらつきを利用した爪領域の抽出方法を提案する.処理ではまず周辺画素との色の差を求める.そして,色の差が大きい画素を除去することで,肌の大部分を除去する.最後に閾値設定により領域抽出を行う.評価実験では被験者を日本人学生2名とし,前腕回旋角度と爪検出率の関係を調査し,従来手法と比較した.実験の結果,掌側が写る手画像の検出率が増加したことが確認でき,従来の手法よりも抽出可能な爪が増加したことも確認できた.よって,本手法の有効性が確認された. 
(英) In this study, we propose a new fingernail area extraction method using characteristics of color. First, a value of color difference is calculated between color of an attention pixel and an average color of local area around it. Then, the high value pixels are removed. After that, some areas are extracted by setting a threshold. We investigated relationships between wrist rotation angles and success probability of nail detections. As a result, we confirmed our proposed method was effective when the palm side area was taken.
キーワード (和) 爪領域抽出 / 爪検出 / 色の分布特徴 / 濃度共起ヒストグラム画像 / / / /  
(英) Fingernail area extraction / Fingernail detection / Characteristics of color, / Co-occurrence histogram image / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 10, HI2014-36, pp. 33-36, 2014年3月.
資料番号 HI2014-36 
発行日 2014-02-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2014-03-04 - 2014-03-05 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2014-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色の分布特徴を利用した爪領域抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fingernail Area Extraction Method Using Characteristics of Color 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 爪領域抽出 / Fingernail area extraction  
キーワード(2)(和/英) 爪検出 / Fingernail detection  
キーワード(3)(和/英) 色の分布特徴 / Characteristics of color,  
キーワード(4)(和/英) 濃度共起ヒストグラム画像 / Co-occurrence histogram image  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤嶋 教彰 / Noriaki Fujishima / フジシマ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 聖 / Kiyoshi Hoshino /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-04 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2014-36 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2014-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会