お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
ぶれによる劣化動画像の超解像処理に関する考察 ~ PSFを用いた事後確率の高精度化に関する検討 ~
和泉大佑小川貴弘長谷山美紀北大
抄録 (和) 本文では,ぶれにより劣化した低解像度動画像に対して,ぶれ関数を推定し,ぶれの除去及び高解像度化を同時に行う手法を提案する.提案手法では,高解像度フレームとぶれ関数の事後確率を定義することで,最大事後確率推定を用いて,それらを同時に推定する.このとき,ぶれ関数については,輝度勾配に注目し,フレーム中から自動で選択したエッジを多く含む領域を用いて,その推定を行う.このように,ぶれ関数の推定に適した領域を用いることで,その精度の向上が期待できる.以上により,提案手法では,ぶれ関数の推定誤差により生じる再構成結果の劣化を抑制し,高精度にぶれの除去及び高解像度化を実現する. 
(英) This paper presents a resolution enhancement method of motion blur video sequences. From a blurred low resolution video sequence, the proposed method simultaneously estimates a high resolution frame and a point spread function (PSF) by maximizing their posterior probability, i.e., Maximum a Posterior estimation scheme. In the PSF estimation, a region including many edge pixels are automatically selected within the target frame based on the intensity gradient. By utilizing the region suitable for the PSF estimation, its accuracy is improved, and accurate motion blur removal and the resolution enhancement are also realized.
キーワード (和) 超解像処理 / 高解像度化 / PSF推定 / ぶれの除去 / 最大事後確率推定 / / /  
(英) super-resolution / resolution enhancement / motion blur estimation / motion blur removal / MAP estimation / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ぶれによる劣化動画像の超解像処理に関する考察 
サブタイトル(和) PSFを用いた事後確率の高精度化に関する検討 
タイトル(英) A Note on Super Resolution Method of Blurred Video Sequences 
サブタイトル(英) Accurate Estimation of Posterior Probability Including PSF 
キーワード(1)(和/英) 超解像処理 / super-resolution  
キーワード(2)(和/英) 高解像度化 / resolution enhancement  
キーワード(3)(和/英) PSF推定 / motion blur estimation  
キーワード(4)(和/英) ぶれの除去 / motion blur removal  
キーワード(5)(和/英) 最大事後確率推定 / MAP estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 大佑 / Daisuke Izumi / イズミ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 貴弘 / Takahiro Ogawa / オガワ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) 35 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会