お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★情報センシング研究会(IST)
委員長 浜本 隆之 (東京理科大)  副委員長 大竹 浩 (NHK), 秋田 純一 (金沢大学)
担当幹事 足立 理 (オリンパス), 黒田 理人 (東北大学), 榊原 雅樹 (ソニーセミコンダクタソリューションズ), 小林 昌弘 (キヤノン)

日時 2018年 3月 9日(金) 09:40~16:50

会場 NHK 放送技術研究所講堂(〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11.小田急線 成城学園前駅 南口から 約10分、東急田園都市線 用賀駅から 約15分、東急田園都市線 二子玉川駅から 約25~35分、渋谷駅から 約40分.http://www.nhk.or.jp/strl/about/access.html.為村 成亨.03-5494-3214)

議題 固体撮像技術および一般

3月9日(金) 午前 (09:40~16:50)

(1) 09:40 - 10:00
高時間分解型CMOSイメージセンサを用いた時間分解近赤外分光法に関する研究
○劉 忠慧・劉 得新・徐 珉雄・庭山雅嗣・袴田正志・香川景一郎・安富啓太(静大)・福司康子・山本清二(浜松医大)・川人祥二(静大)

(2) 10:00 - 10:20
4タップ電荷変調型距離画像センサを用いた四重時間窓距離計測方式の検討
○山田航平・駒澤彰人・髙澤大志・安富啓太・香川景一郎・川人祥二(静岡大)

(3) 10:20 - 10:40
究極の時間分解能のイメージセンサを目指してー10 nsから50 psへー
○江藤剛治(立命館大, 近畿大)・下ノ村和弘(立命館大)・竹原幸生(近畿大)・犬丸秀夫(クレフ)・林 直樹・三井 鷹・井口昭彦・三原 勉(アストロデザイン)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(4) 11:00 - 11:20
画素並列14bitサブスレッショルド電流駆動ADCを用いた裏面照射型グローバルシャッタCMOSイメージセンサ
○小川晃司・榊原雅樹・酒井 伸・栃木靖久・本田勝巳・菊池秀和・和田拓也・上久保泰伸・三浦 司・中溝正彦(ソニーセミコンダクタソリューションズ)・城 直樹・林原 亮(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)・古川洋平・宮田慎也(ソニーLSIデザイン)・山本悟司・太田喜之・高橋裕嗣・田浦忠行・大池祐輔・田谷圭司・江崎孝之・平山照峰(ソニーセミコンダクタソリューションズ)

(5) 11:20 - 11:40
A 2.1μm 33Mpixel CMOS imager with multi-functional 3-stage pipeline ADC for 480fps high-speed mode and 120fps low-noise mode
○Kohei Tomioka・Toshio Yasue・Ryohei Funatsu・Tomohiro Nakamura(NHK STR)・Takahiro Yamasaki(NHK Engineering Administration Department)・Hiroshi Shimamoto(NHK STR)・Tomohiko Kosugi・Sungwook Jun・Takashi Watanabe・Masanori Nagase・Toshiaki Kitajima・Satoshi Aoyama(Brookman Technology)・Shoji Kawahito(Shizuoka University)

(6) 11:40 - 12:00
1/4インチ390万画素低消費電力イベントドリブン方式積層型CMOSイメージセンサ
熊谷央一・○丹羽篤親・半澤克彦・加藤秀高・二見振一郎・大山俊郎・井本 努・中溝正彦(ソニーセミコンダクタソリューションズ)・村上裕隆(ソニーエレクトロニクス)・西野辰樹・アナス ボスタマン・飯沼隆弘・葛谷直規(ソニーセミコンダクタソリューションズ)・初川健介(ソニーLSIデザイン)・Brady, Frederick・Bidermann, William(ソニーエレクトロニクス)・若野寿史(ソニーセミコンダクタソリューションズ)・若林準人・新田嘉一(ソニーエレクトロニクス)

(7) 12:00 - 12:25
[招待講演]画素/DRAM/Logic 3層積層CMOSイメージセンサ技術
○津川英信・高橋 洋・中邑良一・梅林 拓・荻田知治・岡野仁志・岩瀬和也・川島寛之・山崎孝次・米山大輔・橋爪 淳・中島 務・村田顕一・金石芳和・池田健児・田谷圭司・中山 創・春田 勉・野本哲夫(ソニー)

−−− 昼食 ( 65分 ) −−−

(8) 13:20 - 13:30
8Kデモ映像上映(NHK)

(9) 13:30 - 13:50
半導体フォトンカウンティングデバイスとその応用
○中村重幸・永野輝昌・牧野健二・馬場 隆・山本晃永(浜ホト)

(10) 13:50 - 14:10
An Experimental CMOS Photon Detector with 0.5e- RMS Temporal Noise and 15μm pitch Active Sensor Pixels
○Toshiyuki Nishihara・Matsuo Matsumura,・Tsutomu Imoto・Kenichi Okumura・Yorito Sakano・Yuhi Yorikado・Yoshiaki Tashiro・Hayato Wakabayashi・Yusuke Oike・Yoshikazu Nitta(Sony Semiconductor Solutions)

(11) 14:10 - 14:30
最高撮像速度5000万コマ/秒を有するプロトタイプグローバルシャッタ高速CMOSイメージセンサ
○鈴木 学・鈴木 将・黒田理人・須川成利(東北大)

(12) 14:30 - 14:50
画素内ノイズキャンセル機能を備えた 8K4K解像度 60fpsフレームレート 45万電子高飽和 有機CMOSグローバルシャッタイメージセンサ
○西村佳壽子・宍戸三四郎・三宅康夫・柳田真明・佐藤嘉晃・荘保 信・金原旭成・境田良太・佐藤好弘・平瀬順司・留河優子(パナソニック)・阿部 豊・藤中 洋(PSCS)・松長誠之()・村上雅史・原田 充・井上恭典(パナソニック)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(13) 15:10 - 15:30
裏面照射型近赤外イメージセンサーに向けた石英基板上単結晶GeSnフォトダイオードアレイの開発
○岡 博史・井上慶太郎(阪大)・Thi Thuy Nguyen・黒木伸一郎(広島大)・細井卓治・志村考功・渡部平司(阪大)

(14) 15:30 - 15:50
PSD構造を用いた裏面照射型CMOSイメージセンサーの近赤外感度向上
○押山 到・横川創造・池田晴美・蛯子芳樹・平野智之・斎藤 卓・大井上昂志・萩本賢哉・岩元勇人(SSS)

(15) 15:50 - 16:15
[招待講演]近赤外(1100nm)まで高感度な高画質・高解像度カメラ
○小山剛史(キヤノン)

(16) 16:15 - 16:40
[招待講演]量子線イメージセンサ用SOIモノリシックピクセル技術
○新井康夫・三好敏喜・倉知郁生(高エネ研)

−−− 委員長挨拶 ( 10分 ) −−−

一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎混雑緩和の目的で名刺による受付を行います.
名刺をご用意頂けますようお願い致します.
受付簡素化以外の目的で使用することはありません.
事前申し込み不要、当日受付は9:00からです.
◎今年も3月9日研究会終了後に意見交換会(会費制:2000円(予定))を開催いたします.
多数のご参加をお待ちしています.


☆IST研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

5月24日(木)~25日(金) 金沢大学 西町サテライトプラザ 第1会議室(1F) [3月15日(木)] テーマ:画像入力デバイス・方式、インタラクティブシステム・、バイオメトリクス、及び一般
6月27日(水) 東京理大森戸記念館 [4月16日(月)] テーマ:高機能イメージセンシングとその応用

【問合先】
足立 理
オリンパス株式会社
医療撮像技術開発部 デバイス開発グループ3T
〒192-8507 東京都八王子市石川町2951
TEL. 042-642-3597
E-mail: _aotolympus


Last modified: 2018-03-06 13:32:52


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会