お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★情報センシング研究会(IST)
委員長 川人 祥二 (静岡大)
副委員長 太田 淳 (奈良先端大), 高柳 功 (アプティナ)
担当幹事 大竹 浩 (NHK), 下ノ村 和弘 (阪大)

日時 2008年11月14日(金) 10:30~16:45

会場 NHK放送技術研究所 第3,4会議室(〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11.小田急線 成城学園前駅南口からバス10分.http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/map.html.材料・デバイス 大竹 浩.03-5494-3211)

議題 深い感性の喚起と情報センシング,高精細撮像,高感度及び一般

11月14日(金) 午前 (10:30~16:45)

(1) 10:30 - 10:55
アンチブルーミングFEA-HARP
○本田悠葵・瀧口吉郎・難波正和・渡部俊久・江上典文(NHK)・宮 健太・中村和仁・谷口昌照(双葉電子工業)

(2) 10:55 - 11:20
アオリ撮像系を用いた実時間処理に対応可能な高速距離計測
○池岡 宏・浜本隆之(東京理大)

(3) 11:20 - 11:45
光・pH融合イメージセンサの提案と製作・評価
○中澤寛一・松尾純一・飛沢 健・高尾英邦・石田 誠・澤田和明(豊橋技科大)

−−− 昼食 ( 85分 ) −−−

(4) 13:10 - 14:00
[特別招待講演]深い感性の喚起と情報センシング
○宮原 誠(中央大)

(5) 14:00 - 14:50
[招待講演]人々が感動するものは何か ~ コンテンツ研究の可能性と困難を巡って ~
○林 正樹(インターネット総研)

−−− スーパーハイビジョン見学・休憩 ( 40分 ) −−−

(6) 15:30 - 15:55
3300 万画素CMOS イメージセンサーを用いた3 板式フル解像度スーパーハイビジョンカラー撮像実験
○山下誉行・船津良平・三谷公二・野尻裕司(NHK)

(7) 15:55 - 16:20
人工シナプスデバイスを目指した電気化学CMOSチップの開発
○皆川亨介・笹川清隆・徳田 崇・太田 淳(奈良先端大)

(8) 16:20 - 16:45
蓄積容量変調方式を用いた広ダイナミックレンジシリコン網膜の明るさ恒常性応答
○下ノ村和弘・八木哲也(阪大)



☆IST研究会


Last modified: 2008-10-09 16:48:58


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会