お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   / 次のVRPSY研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ヒューマンインフォメーション研究会(HI)
委員長 佐藤 雅之 (北九州市大)
担当幹事 永井 岳大 (山形大)

★日本バーチャルリアリティ学会 VR心理学研究委員会(VRPSY)
委員長 岡嶋 克典 (横浜国立大)
担当幹事 繁桝 博昭 (高知工科大)

日時 2015年11月13日(金) 13:30~18:00
   2015年11月14日(土) 09:00~14:15

会場 鹿児島大学 郡元キャンパス 工学部共通棟301号教室(〒890-8580 鹿児島市郡元1丁目21番24号.http://www.kagoshima-u.ac.jp/access/.辻村 誠一(鹿児島大学).099-285-8488)

議題 視聴覚の基礎と応用,マルチモーダル,感性情報処理,一般

11月13日(金) 午後 (13:30~13:40)

開会挨拶

11月13日(金) 午後 セッション1 (13:40~15:00)

(1) 13:40 - 14:00
ヘッドマウントディスプレイを用いた到達把持運動における視覚・触覚情報の寄与に関する検討
○福井隆雄(国リハ研)・井上和哉(関学大)・小松丈洋(高知県警科捜研)・佐藤暢哉(関学大)

(2) 14:00 - 14:20
映画、アニメ中のベクションシーンを心理実験で検討する。その2
○徳永康祐・小川将樹(九大)・池畑 諭(ワシ大)・増田知尋(文教大)・妹尾武治(九大)

(3) 14:20 - 14:40
The strength of sense of immersion positively correlates with vection strength
○Takeharu Seno(Kyushu Univ.)・Yoshiko Nagata(Hiroshima Univ.)

(4) 14:40 - 15:00
他者への同調がベクション強度を変動させる
○小川将樹・妹尾武治(九大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月13日(金) 午後 セッション2 (15:10~16:30)

(5) 15:10 - 15:30
MSGVF SnakesによるMR画像からの指骨領域の自動抽出
○重吉功嗣・村上誠一・金 亨燮・タン ジュー クイ・石川聖二(九工大)

(6) 15:30 - 15:50
補償光学コントラスト感度関数測定装置の開発
○山口達夫(トプコン)・内川惠二(東工大)

(7) 15:50 - 16:10
反応時間と瞳孔径変動に基づいた注意状態推定の比較
○染谷純輝・金成 慧・松田勇祐・金子寛彦(東工大)・阪本清美・森 俊也・辻 勝長(パナソニック)

(8) 16:10 - 16:30
ディスプレイ解像度の違いが生理心理評価に及ぼす影響 −視聴形態による比較ー
○阪本清美・田中 豊(パナソニック)・山下久仁子・岡田 明(阪市大.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月13日(金) 午後 特別セッション (16:40~17:20)

(9) 16:40 - 17:20
[基調講演]メラノプシン細胞の非撮像系経路および撮像系経路への影響
○辻村誠一(鹿児島大)

11月13日(金) 午後 セッション3 (17:20~18:00)

(10) 17:20 - 17:40
LとM錐体ノイズマスキングによる色検出閾値とL/M比との関係
○佐藤牧人・内川惠二(東工大)

(11) 17:40 - 18:00
有彩色照明下における無彩色点のCIELAB空間での線形性
○栗木一郎(東北大)

11月14日(土) 午前 セッション4 (09:00~10:20)

(12) 09:00 - 09:20
カラフル過ぎる刺激はベクションを抑制するか
○小川将樹・妹尾武治(九大)

(13) 09:20 - 09:40
複数回のショルダーハッキングに頑健なPINコード入力システムの開発
○田中亮佑・鹿嶋雅之・佐藤公則・渡邊 睦(鹿児島大学)

(14) 09:40 - 10:00
皮膚感覚からの自己運動知覚を前庭刺激との関係から検討(3) ~ 刺激強度変化の影響 ~
○村田佳代子(首都大東京)・小松英海(慶大)・石原正規(首都大東京)・市原 茂(メディア・アイ)・増田直衛(静岡産大)

(15) 10:00 - 10:20
皮膚感覚からの自己運動知覚を前庭刺激との関係から検討(4) ~ 能動運動と受動運動の比較 ~
○小松英海(慶大)・村田佳代子・石原正規(首都大東京)・市原 茂(メディア・アイ)・増田直衛(静岡産大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

11月14日(土) 午後 セッション5 (10:30~11:50)

(16) 10:30 - 10:50
自己誘導運動感覚の生起下における視空間構造の特性の解明
○山崎 駿・佐々木佳純・吉澤達也(金沢工大)

(17) 10:50 - 11:10
乱視の矯正によって生じる垂直大きさ視差に対する順応
○玉田靖明(北九州市大)・藤江龍登(三城)・佐藤雅之(北九州市大)

(18) 11:10 - 11:30
質感判断の刺激呈示時間依存性 ~ 画像特徴との関連 ~
○山田尚純・川島祐貴・山内泰樹・永井岳大(山形大)

(19) 11:30 - 11:50
画像の輝度分布統計量と金色知覚の関係
○松本知久・内川惠二(東工大)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

11月14日(土) 午後 セッション6 (12:50~14:10)

(20) 12:50 - 13:10
多変量データ可視化のため陰表現利用に向けた色の見えに関する実験
○齋藤 豪・劉 月晴(お茶の水女子大)

(21) 13:10 - 13:30
色情報が運動からの構造復元に及ぼす影響
○正木伸彦・吉澤達也(金沢工大)

(22) 13:30 - 13:50
S錐体由来の反対色経路信号の運動知覚への寄与
○吉澤達也・関根詩織(金沢工大)

(23) 13:50 - 14:10
カードボードによる没入型ベクション体験とその心理評価
○妹尾武治・吉永 崇(九大)

11月14日(土) 午後 (14:10~14:15)

閉会

一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分
基調講演:発表 35 分 + 質疑応答 5 分

◎会場は下記URLの51番の建物になります。
https://www.kagoshima-u.ac.jp/about/campusmap.html#01


☆HI研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

12月1日(火)~2日(水) (予定) 東北大学電気通信研究所 [9月1日(火)] テーマ:マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般
2016年2月22日(月)~23日(火) 北大情報科学研究科 [12月9日(水)] テーマ:画像処理および一般

【問合先】
担当幹事 永井岳大(tiyz-u

☆VRPSY研究会

【問合先】
担当幹事 繁桝博昭(gea-


Last modified: 2015-10-30 16:38:24


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[HI研究会のスケジュールに戻る]   /   [VRPSY研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / 次のVRPSY研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会