お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前の3DMT研究会 / 次の3DMT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★立体映像技術研究会(3DIT)
委員長 陶山 史朗 (宇都宮大)  副委員長 掛谷 英紀 (筑波大)
担当幹事 氏家 弘裕 (産総研), 高木 康博 (農工大)

日時 2022年 3月 7日(月) 08:30~18:45

会場 オンライン

議題 AR/VR/メタバース技術における立体映像・立体音響技術一般、及び人間工学的研究

3月7日(月) 午前 【オープニングリマークス】 陶山史朗(宇都宮大学) (08:30~08:35)



3月7日(月) 午前 【VR•立体視】 (08:35~10:20)

(1) 08:35 - 08:50
プロジェクタを用いたパースペクティブを利用した擬似3D表示方式における刺激条件の奥行き知覚への影響
○田村豊貴・水科晴樹・山本健詞・陶山史朗(徳島大)

(2) 08:50 - 09:05
立体視の視覚疲労を低減する非球面位相板の軸外結像特性の測定
○高津琴美(東京農工大)・宮島泰史・加藤一壽(伊藤光学工業)・高木康博(東京農工大)

(3) 09:05 - 09:20
重畳された異なる二つの視標に対して両眼網膜像差と見えの大きさ変化を付加したときの奥行き運動の知覚量
○中島佑司(新潟大)・八文字勇貴,棚橋重仁(新潟大)

(4) 09:20 - 09:35
触覚刺激提示が視覚運動同期により生起した透明身体に対する身体所有感に与える影響
○阿部光良・棚橋重仁(新潟大)

(5) 09:35 - 09:50
視覚刺激の傾き情報が走行姿勢の安定性に与える影響
○吉田泰一朗・棚橋重仁(新潟大)

(6) 09:50 - 10:05
知覚速度に基づく足踏みを用いたVR空間移動手法の開発
○田中邦明・田部田 晋・棚橋重仁(新潟大)

(7) 10:05 - 10:20
Yaw回転運動刺激によって誘発された映像酔いの重症度による酔いの回復過程の検討
○市川直樹・田部田 晋・棚橋重仁(新潟大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

3月7日(月) 午前 【ホログラフィー・立体音響】 (10:30~12:00)

(8) 10:30 - 10:45
パルス変調MEMS空間光変調器を用いたホログラフィックディスプレイのカラー化
○首藤 玲・高木康博(東京農工大)

(9) 10:45 - 11:00
GPUによるレイトレーシングを含む実時間インタラクティブ電子ホログラフィ
○浜田端三・三谷永久・鈴木康平・高田直樹(高知大)

(10) 11:00 - 11:15
ホログラフィックARグラスの実現に向けた空間光変調器設計の諸検討
○東田 諒・三浦雅人・山口祐太・船橋信彦・青島賢一・町田賢司(NHK)

(11) 11:15 - 11:30
硬性内視鏡で用いるインコヒーレントデジタルホログラフィーのカラー化
○福山智隆・高木康博(東京農工大)

(12) 11:30 - 11:45
透明な仮想物体の空間探索における効果的な聴覚刺激の検討
○及川和幹・金成 慧・佐藤美恵(宇都宮大)

(13) 11:45 - 12:00
手の平の位置に追従する焦点音源による定位感と楽しさについて
○廣橋美帆・任 逸・羽田陽一(電通大)

−−− 休憩 ( 60分 ) −−−

3月7日(月) 午後 【学生奨励賞授賞式】 (13:00~13:10)



3月7日(月) 午後 【ライトフィールド・多眼式ディスプレイ(1)】 (13:10~14:25)

(14) 13:10 - 13:25
超多眼表示における焦点誘導性能の向上
○嘎日瑪蓋・永井 彰・掛谷英紀(筑波大)

(15) 13:25 - 13:40
2視点擬似超多眼ヘッドマウントディスプレイにおけるaccommodation-invariant範囲の評価
○荻久保敦哉・高木康博(東京農工大)

(16) 13:40 - 13:55
複数のライトフィールドディスプレイを用いた全周立体ディスプレイの表示システムの調整方法
○山本昂哉(東京農工大)・桃井芳晴・横手恵紘・佐藤 敦(サムスン日本研究所)・高木康博(東京農工大)

(17) 13:55 - 14:10
煌めきディスプレイ:質感再現に特化したライトフィールドディスプレイの開発とその適用例について
住 尚樹・○江渡恵子・萩野修司(イノラックス)

(18) 14:10 - 14:25
煌めきディスプレイ:質感再現映像の取得・生成方法の現状と将来の課題について
○住 尚樹・江渡恵子・萩野修司(イノラックス)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

3月7日(月) 午後 【特別講演】 (14:35~15:20)

陶山史朗(宇都宮大学) 『運動視差の重要性と脳内補完の試み』

3月7日(月) 午後 【空中像】 (15:20~16:35)

(19) 15:20 - 15:35
2枚のビームスプリッターを用いたAIRRによる複数車線への空中LEDサインの形成
○坂根真矢(星和)・工藤大樹・向島直哉・八杉公基・陶山史朗・山本裕紹(宇都宮大)

(20) 15:35 - 15:50
再帰反射による空中結像とモーショントラッカーを用いた空中インタラクティブ表示
○井上皓介・八杉公基・二宮 尚・陶山史朗・山本裕紹(宇都宮大)

(21) 15:50 - 16:05
小型魚類の行動実験のための水中ディスプレイの製作と実験
○工藤大樹・八杉公基・二宮 尚・陶山史朗・山本裕紹(宇都宮大)

(22) 16:05 - 16:20
再帰性反射型コーナーリフレクタアレイを用いた空中像の展示会でのアンケート調査 ~ 空中像の主観評価手法の基礎検討 ~
○矢田捷真・宮崎 駆・小池崇文(法政大)・大西康司(オプトセラミックス)

(23) 16:20 - 16:35
数メートルの浮遊距離を有するアーク3D表示の製作と観察
○佐藤優稀・佐事郁弥・八杉公基・陶山史朗・山本裕紹(宇都宮大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

3月7日(月) 午後 【ライトフィールド・多眼式ディスプレイ(2)】 (16:45~18:00)

(24) 16:45 - 17:00
ライトフィールドディスプレイを用いた表情表示における解像度の影響
○深野弘一郎・清水美里(東京農工大)・工藤隆朗・由良俊樹・松尾靖彦(IMAGICA)・高木康博(東京農工大)

(25) 17:00 - 17:15
VELF3D(Visually Equivalent Light Field 3D)ディスプレイに表示した文字の読みやすさの評価
○鎌田 廉・水科晴樹・山本健詞(徳島大)・陶山史朗(宇都宮大)・伊達宗和(NTT)

(26) 17:15 - 17:30
低消費電力型時分割パララックスバリア式裸眼立ディスプレイのクロストークレベル低減
○三富隼斗・掛谷英紀(筑波大)

(27) 17:30 - 17:45
視点移動対応の分散型両眼視差ディスプレイによる遠方空中像提示の検討
○三河祐梨・藤原正浩・牧野泰才・篠田裕之(東大)

(28) 17:45 - 18:00
球面調和級数展開を用いた多視点映像生成におけるニューラルネットを用いた画質改善
○堤 公孝(NTT)

3月7日(月) 午後 オーサーズインタビュー (18:00~18:30)

発表者全員。セッション毎のBreakout Roomで実施。

3月7日(月) 午後 【研究会からのお知らせ】 掛谷英紀(筑波大学) (18:30~18:40)



3月7日(月) 午後 【クロージングリマークス】 高木康博(東京農工大学) (18:40~18:45)



一般講演(15):発表 10 分 + 質疑応答 5 分
特別講演(45):発表 35 分 + 質疑応答 10 分


☆3DIT研究会


Last modified: 2022-01-27 12:37:55


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 


 
 トップ  戻る   前の3DMT研究会 / 次の3DMT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会