映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報センシング研究会(IST) [schedule] [select]
委員長 浜本 隆之 (東京理科大)
副委員長 秋田 純一 (金沢大)
担当幹事 山本 洋夫 (浜松ホトニクス), 藤澤 大介 (三菱電機)

日時 2019年 1月30日(水) 13:00 - 17:15
議題 第16回赤外放射の応用関連学会年会(日本赤外線学会共催) 
会場名 東京工科大学 蒲田キャンパス3号館 10F 階段教室31001 
住所 〒144-8535 大田区西蒲田5-23-2
他の共催 ◆共催 日本赤外線学会 協賛 照明学会光放射応用分科会,電気学会光応用・視覚技術委員会,電気学会マイクロマシン・センサシステム技術委員会,電気学会社会インフラ用センサシステムセキュリティ特別調査専門委員会,輻射科学研究会
お知らせ ◎参加費(資料代)は2,000円,事前申込は不要です.
当日,映像情報メディア学会の受付にて受付をお願いいたします.

1月30日(水) 午後 
13:00 - 17:15
  13:00-13:05 開会 ( 5分 )
(1) 13:05-13:20 IC温度センサを利用した放射照度計の試作 笹森宣文パランセ技研)・小柴智延野田明典日本ヒーター
(2) 13:20-13:35 「世界初!?温室効果カメラ」-二酸化炭素15μm吸収帯非冷却赤外線カメラによる温室効果ガス可視化デモンストレーション- 山本 哲気象庁
(3) 13:35-14:00 ハイエンド冷却型赤外線サーモグラフィの適応事例紹介 矢尾板達也ケン・オートメーション
(4) 14:00-14:25 高性能冷却型赤外線センサの開発とその応用事例 角田浩司松宮康夫鈴木 僚西野弘師富士通研)・山嵜光太郎立野裕真中島 悠宮武哲也野田 明石田高光富士通
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
(5) 14:35-14:50 近赤外スーパーコンティニューム光源の開発 中野 誠掛井良太松代 悠中澤知哉下牧 将福世文嗣加藤 伸伊藤喜延浜松ホトニクス)・西澤典彦名大
(6) 14:50-15:15 Efficient Spintronic Generation of Terahertz Radiation from an Optimized Metallic Bilayer of Fe/Pt Valynn Katrine Mag-usaraUniv. of Fukui)・Fumiyoshi KuwashimaFukui Univ. of Tech.)・Garik TorosyanPhotonic Center Kaiserslautern)・Evangelos Th. PapaioannouRené BeigangUniv. of Kaiserslautern)・Masahiko TaniUniv. of Fukui
(7) 15:15-15:40 放射パターン計測によるミリ波の位相解析及び位相補正鏡の開発 福成雅史神谷亮汰中川和輝山口裕資立松芳典斉藤輝雄福井大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
(8) 15:50-16:15 レーザ吸収分光法ガスセンサにおける計測安定化 椎名達雄千葉大)・今出久一郎コニカミノルタ
(9) 16:15-16:30 半導体レーザを用いたDNA情報センサの研究開発 杉谷貴子小森 翼鶴岡 誠東京工科大
(10) 16:30-16:45 中赤外光照射による細胞内カルシウム応答変化 建部 厳清水良幸山内豊彦道垣内龍男浜松ホトニクス
(11) 16:45-17:10 ATR-赤外分光法を用いるトマトおよびその加工品、醤油、マヨネーズ中品質成分の計測 伊藤秀和農研機構
  17:10-17:15 閉会 ( 5分 )

問合先と今後の予定
IST 情報センシング研究会(IST)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2019-01-15 14:17:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会