映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前の3DMT研究会 / 次の3DMT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

コンタクトレンズディスプレイは、次世代のAR技術における視覚インターフェイスデバイスとして期待されています。しかし、その実現には超小型・超薄型な電子デバイスや光学系の研究開発が必要となり、実現の難易度が非常に高い技術です。本年度、NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)の受託研究(革新的情報通信技術(Beyond 5G(6G))基金事業)としてコンタクトレンズディスプレイを実現するプロジェクトが始まりました。これは、ホログラフィーを原理とする我が国独自の表示原理を用いたもので、実現のための基盤技術の研究開発を行います。本シンポジウムでは、このプロジェクトの内容について紹介します。



立体メディア技術研究会(3DMT) [schedule] [select]
委員長 高木 康博 (東京農工大)
担当幹事 山本 健嗣 (徳島大)

日時 2024年 6月27日(木) 13:00 - 15:55
議題 ホログラフィック・コンタクトレンズディスプレイの基盤技術に関するシンポジウム 
会場名 シード新本社ビル 2階 
住所 文京区本郷2-40-2
交通案内 東京メトロ丸の内線「本郷三丁目」駅下車すぐ,都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅下車徒歩1分
https://www.ite.or.jp/contents/tech-group/3dit/seed_access240627.pdf
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(3DMT研究会)についてはこちらをご覧ください
聴講参加申込 本研究会(現地開催)へ参加ご希望の方は,上記「参加費について」より事前にお申込み(オンラインで聴講参加費または年間登録費をお支払い)ください.(既に年間登録されている方は,開催毎のお申込みは不要です)
※当日会場での現金受付はございません.必ず事前のお申込みをお願いいたします.

『予稿ダウンロード不要の学生』の方は,聴講参加費支払い手続きは不要ですが,研究会担当(gyoji@ite.or.jp)まで,(1)氏名,(2)所属大学,(3)参加希望研究会名/開催日をお知らせください.

申込締切:6/24(月)

6月27日(木) 午後 
13:00 - 15:55
  13:00-13:05 オープニングリマークス 山本健嗣(徳島大) ( 5分 )
  13:05-13:10 プロジェクトへの期待 浦壁昌広(シード) ( 5分 )
(1) 13:10-13:35 [招待講演]プロジェクト全体説明 髙木康博東京農工大
(2) 13:35-14:00 [招待講演]像形成技術 髙木康博東京農工大
(3) 14:00-14:25 [招待講演]超小型・超薄型空間光変調器 安藤智宏シチズンファインデバイス
  14:25-14:35 休憩 ( 10分 )
(4) 14:35-15:00 [招待講演]電子デバイス技術 三宅丈雄早大
(5) 15:00-15:25 [招待講演]コンタクトレンズ内蔵技術 木下 卓シード
(6) 15:25-15:50 [招待講演]視機能への影響 水科晴樹徳島大/信州大
  15:50-15:55 クロージングリマークス 三宅丈雄(早大) ( 5分 )

講演時間
招待講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
3DMT 立体メディア技術研究会(3DMT)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2024-05-15 13:57:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[3DMT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前の3DMT研究会 / 次の3DMT研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会