映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報センシング研究会(IST) [schedule] [select]
委員長 太田 淳 (奈良先端大)
担当幹事 浜本 隆之 (東京理科大), 武藤 信彦 (パナソニック), 小室 孝 (埼玉大)

日時 2012年 5月28日(月) 10:00 - 16:30
議題 高機能イメージセンシングとその応用 
会場名 埼玉大学 東京ステーションカレッジ 
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 JRサピアタワー9階
交通案内 JR東京駅日本橋口玄関右側.3Fで受付後,9F「埼玉大学東京ステーションカレッジ」へお越しください.なお,入館には事前登録が必要です.事前登録の方法は幹事(i-u)までお問い合わせください。
http://www.saitama-u.ac.jp/society/tsc-guide.html
会場世話人
連絡先
埼玉大学理工学研究科 小室 孝
03-5224-8751

5月28日(月) 午前 
10:00 - 11:30
(1) 10:00-10:30 任意のフィルタ演算が可能な自己相似アーキテクチャアナログCMOSイメージセンサ 押山 元柴田 直東大
(2) 10:30-11:00 1億フレーム/秒以上の超高速イメージセンサ ~ 究極の高速イメージングを実現する新アーキテクチャー ~ 山田哲生東京工芸大)・ヴ・ ツルオン ソン ダオ江藤剛治立命館大
(3) 11:00-11:30 単一画像を用いた局所適応型高速霧補正技術 水野 暁池辺将之五十嵐正樹本久順一北大
5月28日(月) 午後 
13:00 - 16:30
(4) 13:00-14:00 [ポスター講演]画素内A/D変換のための分散型ランプ信号生成器のばらつき解析 今井快多安富啓太香川景一郎川人祥二静岡大
(5) 13:00-14:00 [ポスター講演]ラット脳内複数領域計測用CMOSイメージングデバイス 橘本 力増田博之小林琢磨野田俊彦笹川清隆徳田 崇太田 淳奈良先端大
(6) 13:00-14:00 [ポスター講演]紫外光高感度・高信頼性を有する原子オーダー平坦Si表面を用いたフォトダイオードのドーパントプロファイル 中澤泰希黒田理人幸田安真須川成利東北大
(7) 13:00-14:00 [ポスター講演]全方位光学系を用いた中心窩カメラによるターゲットトラッキング 呉 允煥下ノ村和弘立命館大
(8) 14:00-15:00 [ポスター講演]デジタル酵素結合免疫吸着法に向けたオンチップ蛍光計測システム 岡林大恭笹川清隆野田俊彦徳田 崇奈良先端大)・Soo Hyeon Kim飯野亮太野地博行東大)・太田 淳奈良先端大
(9) 14:00-15:00 [ポスター講演]奥行情報に基づくPSF選択によるWavefront Coding撮像方式 大倉水斗佐藤俊一保坂忠明浜本隆之東京理科大
(10) 14:00-15:00 [ポスター講演]小撮像面単位での時間解像度調整によるダイナミックレンジの拡大および動きボケの抑制 山崎智裕大高俊徳浜本隆之東理大
(11) 14:00-15:00 [ポスター講演]単一イメージセンサによるステレオ視覚情報とカメラ運動情報の取得 後藤真也下ノ村和弘立命館大
(12) 14:00-15:00 [ポスター講演]イメージセンサ用サイクリックADCの多ビット化に関する検討 谷口佳輔今井快多安富啓太川人祥二静岡大
  15:00-15:30 休憩 ( 30分 )
(13) 15:30-16:30 [チュートリアル講演] 撮像と処理の融合によるイメージセンシング技術の新たな展開
○浜本隆之(東京理科大)

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IST 情報センシング研究会(IST)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2012-04-18 12:56:42


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会