お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報センシング研究会(IST) [schedule] [select]
委員長 秋田 純一 (金沢大)
副委員長 池辺 将之 (北海道大), 廣瀬 裕 (パナソニック)
担当幹事 黒田 理人 (東北大), 足立 理 (オリンパス), 栃木 靖久 (ソニーセミコンダクタソリューションズ), 関根 寛 (キヤノン), 徳田 崇 (東京工業大), 西山 円 (ニコン)

日時 2020年 9月24日(木) 09:00 - 17:05
議題 本年3月に予定されていました『固体撮像技術および一般』研究会の延期開催 となります。過日ご案内いたしました2020年9月研究会としての新規の講演はあ りません。参加方法については「問合先と今後の予定」をご覧ください。 当日の参加申し込みも受け付けております。開催プログラムのページからご確認下さい。 
会場名 オンライン開催(MS TeamsおよびYouTubeライブ配信を用いて実施します) 

9月24日(木) 午前  微細画素・光学技術,グローバルシャッタ,ダイナミックビジョン
09:00 - 10:20
(1) 09:00-09:25 A 1/2inch 48M All PDAF CMOS Image Sensor Using 0.8μm Quad Bayer Coding 2×2OCL with 1.0lux Minimum AF Illuminance Level
○Tatsuya Okawa・Susumu Ooki・Hiroaki Yamajo・Masakazu Kawada・Masayuki Tachi・Kazuhiro Goi・Takatsugu Yamasaki・Hiroki Iwashita・Masahiko Nakamizo・Takayuki Ogasahara・Yoshiaki Kitano・Keiji Tatani(Sony)
(2) 09:25-09:50 2.2μm画素の積層型裏面入射Voltage-domainグローバルシャッタCMOSイメージセンサ
○Keiji Mabuchi・Geunsook Park・Alan Chih-Wei Hsuing・Jingming Yao・Zhiqiang Lin・Vincent C. Venezia・Tongtong Yu・Yu-Shen Yang・Tiejun Dai・Lindsay A. Grant(OmniVision)
(3) 09:50-10:20 1280x720p 4.86um画素 積層型イベントベースビジョンセンサ
Thomas Finateu(Prophesee)・丹羽篤親(ソニー)・Daniel Matolin(Prophesee)・○土本航也(ソニー)・Andrea Mascheroni・Etienne Reynaud(Prophesee)・Pooria Mostafalu・Frederick Brady(ソニー)・Ludovic Chotard・Florian LeGoff(Prophesee)・高橋裕嗣・若林準人・大池祐輔(ソニー)・Christoph Posch(Prophesee)
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
9月24日(木) 午前  TOFイメージセンサ1
10:40 - 12:00
(4) 10:40-11:00 直接-間接混成TOFにより距離分解能10cmまで設定可能な250m遠方測距システム用1200×900画素6μmセル450fps動作ガイガーモード縦型アバランシェフォトダイオードCMOSイメージセンサ
○山田翔太・沖野 徹・坂田祐輔・春日繫孝・竹本征人・能勢悠吾・越田浩旨・田丸雅規・杉浦裕樹・齋藤 繁・香山信三・森 三佳・廣瀬 裕・澤田昌幸・小田川明弘・田中 毅(パナソニック)
(5) 11:00-11:20 LiDAR応用に向けた高近赤外感度4タップロックイン画素を有するTime-of-Flight距離イメージセンサ
○安富啓太・イー サンクワン・河西穂高・川人祥二(静岡大)
(6) 11:20-11:40 基板バイアス構造を用いたショートパルス方式4タップTOFイメージセンサ
○井上道裕・大黒聖平・近藤啓太・駒澤彰人・マース カメル・安富啓太・香川景一郎・川人祥二(静岡大)
(7) 11:40-12:00 A Design of Time-of-Flight CMOS Image Sensor with Cascode Structure Switching Pass Gates for In-pixel Background Light Suppression
○Yuqing Liu・Makoto Ikeda(The Univ. of Tokyo)
  - 昼食
9月24日(木) 午後  招待講演,ヘテロ集積イメージセンサ
13:00 - 14:20
(8) 13:00-13:30 [招待講演]高速画像処理デバイスとその応用
○石川正俊(東大)
(9) 13:30-13:55 High-definition Visible-SWIR InGaAs Image Sensor using Cu-Cu Bonding of III-V to Silicon Wafer
○Shunsuke Maruyama・Shuji Manda・Ryosuke Matsumoto・Suguru Saito・Hideki Minari・Takaaki Hirano・Taizo Takachi・Nobutoshi Fujii・Yuichi Yamamoto・Yoshifumi Zaizen・Tomoyuki Hirano・Hayato Iwamoto(SSS)
(10) 13:55-14:20 Three-layer Stacked Color Image Sensor With 2.0-μm Pixel Size Using Organic Photoconductive Film
○Taiichiro Watanabe・Hideaki Togashi・Masahiro Joei・Toshihiko Hayashi・Shintaro Hirata・Shinpei Fukuoka・Yoshihiro Ando・Yusuke Sato・Junpei Yamamoto・Iwao Yagi・Masaki Murata(SSS)・Miki Kuribayashi(SONY)・Fumihiko Koga・Tetsuji Yamaguchi・Yusuke Oike(SSS)・Takayuki Ezaki・Teruo Hirayama(SONY)
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
9月24日(木) 午後  TOFイメージセンサ2
14:40 - 15:20
(11) 14:40-15:00 サブクロックシフトとマルチ周波数符号化シャッタを用いたシングルショットパルス方式圧縮TOFによるマルチパス分離
○香川景一郎・古角知也・馮 宇・堀尾将也・安富啓太・川人祥二(静岡大)・小室 孝(埼玉大)・長原 一(阪大)
(12) 15:00-15:20 A megapixel time-gated SPAD image sensor for 2D and 3D imaging applications
○Kazuhiro Morimoto・Andrei Ardelean・Ming-Lo Wu・Arin Can Ulku・Ivan Michel Antolovic・Claudio Bruschini・Edoardo Charbon(EPFL)
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
9月24日(木) 午後  低ノイズ・広ダイナミックレンジイメージセンサ
15:30 - 17:05
(13) 15:30-15:50 A 0.16e-rms Temporal Noise 0.015Hz/µm2 Dark Count Rate Charge Focusing SPAD Image Sensor for Low Light Imaging
○Junji Iwata・Kazuhiro Morimoto・Yukihiro Kuroda・Tatsuhito Goden・Tomoya Sasago・Yasuharu Ota・Keisuke Ota・Mahito Shinohara・Yusuke Fukuchi・Ayako Chiba・Mariko Furuta・Hidekazu Takahashi・Takeshi Ichikawa(Canon)
(14) 15:50-16:10 0.50e-rmsノイズを達成した参照共有型画素内差動アンプを有する1.45umセルサイズの8.3Mpixel 35fps CMOSイメージセンサ
○長沼秀樹・佐藤 守・寄門雄飛・松村勇佑・加藤恵里子・豊福卓哉・加藤昭彦・大池祐輔(SSS)
(15) 16:10-16:30 トレンチ型2段LOFICを有する単一露光・線形応答・120dB超広ダイナミックレンジCMOSイメージセンサ
○藤原康行・村田真麻・中山翔太・黒田理人・須川成利(東北大)
(16) 16:30-17:00 A 132dB single-exposure dynamic range, CMOS image sensor with high-temperature tolerance
○Takahiro Toya・Yorito Sakano・Takahiro Toyoshima・Ryosuke Nakamura・Tomohiko Asatsuma・Yuki Hattori(SSS)・Takayuki Yamanaka・Ryoichi Yoshikawa(SCK)・Naoki Kawazu・Tomohiro Matsuura・Takahiro Iinuma・Tomohiko Watanabe・Atsushi Suzuki・Yuichi Motohashi・Junichiro Azami・Yasushi Tateshita・Tsutomu Haruta(SSS)
(17) 17:00-17:05 情報センシング研究会 委員長挨拶

講演時間
招待講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(IEDM)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(ISSCC)発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IST 情報センシング研究会(IST)   [今後の予定はこちら]
問合先  
お知らせ ◎参加費:無料。予稿集(PDF版もしくは冊子版)は2,000円(送料別)で販売予定。(聴講の事前登録が必要です。予稿集の購入も事前登録サイトよりお願いします)
参加登録締切:9月17日(木)
https://forms.gle/chVEEvGZzwFSf1XK7
◎IST幹事、委員の方へ
研究会終了後に本年度の幹事委員会をオンライン開催いたしますので、 ご出席、よろしくお願いいたします。
◎当日参加ご希望の方は、メールにてお申込み下さい。
(Youtubeのリンクをご案内致します。)
メール宛先:
rihito.kuroda.e3[atmark]tohoku.ac.jp
件名:9/24 情報センシング研究会参加希望
メール本文に以下の情報を記載下さい.
メールアドレス:
お名前:
ご所属:
所属学会:
聴講に際しての誓約:
一連の複写行為を行わないことに同意致します。
その他:


Last modified: 2020-09-24 09:12:10


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会