お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
BCT, KYUSHU, IEEE-BT, IEEE-AP-S-FUKUOKA
(共催)
2020-01-24
10:15
鹿児島 宝山ホール(鹿児島市山下町5-3) 気象データを用いたKa帯マルチビーム型衛星放送システムのビーム制御法の検討 ~ ビームへの電力配分法の検討 ~
岩本拓巳藤崎清孝福岡工大
次世代衛星放送システムではより高精細な放送サービスの実現を目指し,21GHz帯のような高周波数帯の利用が検討されている.... [more] BCT2020-14
pp.51-54
BCT, KYUSHU, IEEE-AP-S-FUKUOKA
(共催)
2019-01-25
13:05
福岡 九州産業大 気象データを用いたKa帯マルチビーム型衛星放送システムのビーム制御法の検討 ~ レーダーアメダス降水データの有効性の評価 ~
岩本拓巳藤崎清孝福岡工大
高速大容量通信を目指す次世代の衛星放送システムではKa帯(30/20GHz帯)のような高周波数帯の利用が検討されている.... [more] BCT2019-17
pp.71-74
BCT, KYUSHU
(共催) [詳細]
2016-01-28
10:30
佐賀 佐賀大学本庄キャンパス 時間変動する衛星回線の品質模擬に対するns-3の適用可能性の検討
前田憲人藤崎清孝九大
 [more] BCT2016-14
pp.57-60
BCT, KYUSHU, IEEE-AP-S-FUKUOKA, IEEE-BT-TOKYO
(共催)
2009-01-22
09:50
福岡 福岡大学 Ka帯マルチビーム衛星放送の回線品質改善法の検討 I
村岡裕之藤崎清孝九大)・立居場光生有明高専
本稿では,マルチビーム衛星を用いた次世代Ka 帯衛星放送に対して,放送品質の改善を目標にビーム配置の方法を検討する.また... [more]
BCT, KYUSHU, IEEE-AP-S-FUKUOKA, IEEE-BT-TOKYO
(共催)
2009-01-22
10:10
福岡 福岡大学 受信信号レベル変動に基づいた衛星通信のビットエラー模擬法の研究 I
松田俊平藤崎清孝九大)・立居場光生有明高専
(事前公開アブストラクト) 本研究では、衛星通信実験で得た受信信号レベルとBit error(BE)のデータから,降雨が... [more]
BCT, KYUSHU, IEEE-AP-S-FUKUOKA, IEEE-BT-TOKYO
(共催)
2009-01-22
13:00
福岡 福岡大学 複数の完全導体による電磁波散乱の数値解析
牟 貴煥中嶋徳正九大)・立居場光生有明高専)・藤崎清孝九大
(事前公開アブストラクト) 降雨による散乱電磁波の振幅および偏波特性の解明は高周波数領域における安定した無線通信システム... [more]
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会