お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASJ-H, VRPSY
(共催)
HI, IEICE-HIP
(連催) [詳細]
2022-02-27
15:40
ONLINE オンライン fNIRS信号に対する持続的注意に寄与する脳領域推定手法の検討
久保諄平辻 和希吉田 久小濱 剛近畿大
本研究では,注意機能に対するニューロリハビリテーションの開発を目的として,fNIRS計測に基づく注意機能に寄与する責任領... [more] HI2022-5
pp.45-50
HI 2021-03-05
11:10
ONLINE   fNIRS計測に基づいた注意維持に寄与する脳領域の推定
松本知樹久保諄平小濱 剛吉田 久近畿大
脳機能障害からの回復を目的としたニューロリハビリテーションは,神経回路を効率的に再構築させるための手法として注目されてい... [more] HI2021-3
pp.9-12
AIT, IIEEJ, AS, CG-ARTS
(共催)
2019-03-12
11:15
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 物体領域の内部および輪郭のブラー効果による奥行き知覚の変化
亀井亮汰スリーピァン ピーラヤー井尻 敬芝浦工大
2次元画像中の物体の奥行きを知覚する要因は,遠近法,色,コントラスト,ブラー効果など様々である.本研究では,2次元画像内... [more] AIT2019-118
pp.239-242
HI 2011-03-15
17:40
東京 東京工科大学 蒲田キャンパス 同時に呈示されたオブジェクトおよび文章に対する注意に与える画面サイズの効果
藤川達也縄手雅彦島根大
我々は15インチと4インチの2つの画面を使用して,画面中央に呈示された幾何学図形のオブジェクトの変化と画面端にスクロール... [more] HI2011-40
pp.43-46
3DMT 2009-03-17
11:05
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 解像度に着目した高密度指向性立体ディスプレイの主観評価実験
壷井雅史木村真治堀越 力ドコモ
立体映像と2次元映像の画像解像度に着目した主観評価実験を行った.その結果,多くの場合,高密度指向性画像による立体映像は,... [more] 3DIT2009-3
pp.5-8
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会