お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

立体映像技術研究会 (3DIT)  (2013年度)

委員長 陶山 史朗 (宇都宮大)  副委員長 掛谷 英紀 (筑波大)
担当幹事 上原 伸一 (AGC), 氏家 弘裕 (産総研), 圓藤 知博 (長岡技科大), 小池 崇文 (法政大), 高木 康博 (東京農工大), 高田 英明 (長崎大), 藤井 俊彰 (名大), 三科 智之 (NHK), 山本 健詞 (徳島大)

「from:2013-06-10 to:2013-06-10」による検索結果

[立体映像技術研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
13:15
大阪 中央電気倶楽部 超多眼立体表示による調節範囲の拡大
水科晴樹NICT)・中村淳也高木康博東京農工大)・安藤広志NICT
従来の立体表示方式では調節と輻輳の刺激が一致しておらず,この矛盾が立体映像による疲労や不快感の原因であると指摘されている... [more] IDY2013-22 3DIT2013-25
pp.1-4
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
13:40
大阪 中央電気倶楽部 主観的立体感を代表するフレーム視差の統計量
豊沢 聡徳山大)・河合隆史早大
立体映像の分析を容易にする目的で、映像フレームの主観的な立体感を代表する視差統計量を主観評価実験を通じて明らかにする。異... [more] IDY2013-23 3DIT2013-26
pp.5-8
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
14:15
大阪 中央電気倶楽部 水平視差型超多眼ディスプレイに対する調節応答と網膜像評価
中村淳也・○高木康博東京農工大
輻輳と調節の不一致を解決する立体表示方式として,超多眼表示が提案されている.これまでに開発された超多眼ディスプレイは水平... [more] IDY2013-24 3DIT2013-27
pp.9-12
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
14:40
大阪 中央電気倶楽部 無視差臨場画像のスライドショー観察時の視覚評価
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大)・市原 裕三宅信行潮 嘉次郎ニコン
立体画像で現在主流である二眼式立体画像を視聴するとき、不自然な飛び出し立体感や視覚疲労などが問題になっている。本研究では... [more] IDY2013-25 3DIT2013-28
pp.13-16
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
15:20
大阪 中央電気倶楽部 光沢感の高再現性のための多視点立体ディスプレイの設計条件
坂野雄一安藤広志NICT
ものの見えを正確に再現するために必要な多視点立体ディスプレイのシステム要件を明らかにすることはとても重要であろう.しかし... [more] IDY2013-26 3DIT2013-29
pp.17-20
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
15:45
大阪 中央電気倶楽部 Edge-based DFD(Depth-fused 3-D)表示方式の提案
宗宮智貴園部博史綱川敦大山本裕紹陶山史朗徳島大)・栗林英範ニコン
本研究では,新たなDFD (Depth-fused 3-D) 表示方式として,前後像のどちらかに,表示したい3D像のエッ... [more] IDY2013-27 3DIT2013-30
pp.21-24
3DIT, IDY
(共催)
2013-06-10
16:10
大阪 中央電気倶楽部 超多視点裸眼立体映像システムと実証実験
河北真宏岩澤昭一郎ロベルト ロペス牧野真緒近間正樹メヒルダッド テヘラニ石川彰夫奥井誠人井ノ上直己NICT
我々は、あたかもその場にいるかのような臨場感の高い超多視点裸眼立体映像を提示することで、人と人とのより豊かなコミュニケー... [more] IDY2013-28 3DIT2013-31
pp.25-28
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会