お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

ヒューマンインフォメーション研究会 (HI)  (2012年度)

委員長 永井 岳大 (東工大)
担当幹事 原澤 賢充 (NHK), 小濱 剛 (近畿大), 荻谷 光晴 (神奈川大), 森川 大輔 (富山県立大)

「from:2012-12-02 to:2012-12-02」による検索結果

[ヒューマンインフォメーション研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HI 2012-12-02
12:30
沖縄 (株)沖縄産業振興センター [招待講演]心的空間における数の表象
田谷修一郎大正大)・妹尾武治九大)・Achille PasqualottoQMU)・Michael ProulxU of Bath)・須長正治伊藤裕之九大
数の心的イメージは左から右に向かって値が大きくなる数列として我々の心的空間内にマッピングされており,これを心的数直線と呼... [more] HI2012-78
pp.1-4
HI 2012-12-02
13:25
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 前方・後方への頭部移動が生む運動視差と奥行き知覚 ~ 水平移動との比較 ~
石井雅博札幌市大)・藤井 稔富山大
 [more] HI2012-79
pp.5-8
HI 2012-12-02
13:55
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 動作から視知覚位置を予測する技術を用いた3D映像−身体の相互作用
鈴木雅洋上平員丈海野 浩神奈川工科大
本研究では,3D映像の視知覚位置を動作から推定する技術を検討する.3D映像と身体との相互作用では,3D映像の視知覚位置で... [more] HI2012-80
pp.9-12
HI 2012-12-02
14:25
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 大きな両眼網膜像差を検出するメカニズムの動特性 ~ DoG刺激による空間周波数特性(もしくは大きさ同調性)の検討 ~
佐藤雅之北九州市大)・須長正治九大
過大な両眼網膜像差は複視を生じ,奥行きの印象を弱めると考えられている.しかし,最近の研究によって,刺激の運動により非常に... [more] HI2012-81
pp.13-15
HI 2012-12-02
15:05
沖縄 (株)沖縄産業振興センター [招待講演]二種類のオプティカルフローによるベクションの決定特性
川島祐貴福田一帆内川惠二東工大
本研究では速度の異なる二種類のオプティカルフローを同一空間内で重ねて呈示するときに生起するベクションの速さを調べた.二つ... [more] HI2012-82
pp.17-23
HI 2012-12-02
16:00
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 唾液中Chromogranin Aのストレスマーカーとしての有用性
小木美恵子金光滉一金沢工大
映像によって心理的に引き起こされるストレスを心理的、生理的、生化学的に評価し,ストレス指標として唾液中Chromogra... [more] HI2012-83
pp.25-28
HI 2012-12-02
16:30
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 白色有機EL照明下での空間の印象 ~ 白色LED照明との比較 ~
横山亮一山内泰樹山形大)・石田泰一郎京大
 [more] HI2012-84
pp.29-32
HI 2012-12-02
17:00
沖縄 (株)沖縄産業振興センター ハイパースペクトルディスプレイの開発 ~ 2次元画像提示可能なハイパースペクトルディスプレイの開発経緯 ~
三橋俊文内川惠二福田一帆東工大)・吉田圭祐トプコン
 [more] HI2012-85
pp.33-34
HI 2012-12-02
17:30
沖縄 (株)沖縄産業振興センター 表面色モードの限界輝度における周辺色の輝度色度分布と照明光の色温度の影響
沼田 藍福田一帆内川惠二東工大
 [more] HI2012-86
pp.35-38
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会