お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
二眼立体表示においてディスプレイの画枠と表示対象が奥行き感に与える効果 ~ ディスプレイの大きさ、表示対象の大きさ、対象の表示位置の効果について ~
名手久貴工芸大
抄録 (和) 本研究では、二眼立体ディスプレイの画枠が表示対象の奥行き感に与える効果について実験を行った。画枠と表示対象の距離が変化する場合を考えると、表示対象の大きさ位置が一定で立体ディスプレイの画面サイズが変化した場合、画面サイズが一定で表示対象の大きさが変化した場合、画面サイズ、表示対象のサイズが一定で表示対象の位置が変化した場合が考えられる。実験の結果、画面サイズの大きさが大きいときよりも小さいときの方が表示視標の奥行き感が増した。表示視標が画枠付近に表示されたときのほうが、立体ディスプレイの中心に表示された場合よりも表示対象の奥行き感が増加した。また、これらの結果は、ディスプレイ自体が小さいときであっても奥行き感が損なわれない場合があることを示しており、携帯電話などで使用される小さなディスプレイであっても、十分な奥行き感が得られる可能性があることを示唆している。 
(英) I studied on the effect of a stereoscopic display’s frame in depth perception. There are three patterns of the relationship between an object on a stereoscopic display and its frame. The first case is that an object displayed on a stereoscopic display is fixed and the display size is varied. The second case is that a stereoscopic display size is varied and an object’s on it size is varied. The third case is that an object’s size and a stereoscopic display size are fixed and an object’s position is varied. I conducted three experiments to examine whether the depth perception is changed in viewing the objects on the stereoscopic display in above three cases. The first result is that the perceived distance between an object and a background is longer in viewing the small display than the large display. The second result is that the perceived distance between an object and a background is longer in viewing the small object than the large object. The third result is that the perceived distance between an object and a background is longer in viewing the object displayed on the side of the display than on the center..These results suggest that we can get clear depth perception in viewing a small stereoscopic display like a mobile phone’s display.
キーワード (和) 二眼立体表示 / 奥行き感 / 表示対象の位置 / / / / /  
(英) stereoscopic display / depth perception / displayed object’s position / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 9, AIT2011-8, pp. 181-186, 2011年2月.
資料番号 AIT2011-8 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二眼立体表示においてディスプレイの画枠と表示対象が奥行き感に与える効果 
サブタイトル(和) ディスプレイの大きさ、表示対象の大きさ、対象の表示位置の効果について 
タイトル(英) The effect of stereoscopic display's frame and a object on it in depth perception 
サブタイトル(英) inspection of the effect of dispay size, a displyed object's size and displyed position 
キーワード(1)(和/英) 二眼立体表示 / stereoscopic display  
キーワード(2)(和/英) 奥行き感 / depth perception  
キーワード(3)(和/英) 表示対象の位置 / displayed object’s position  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 名手 久貴 / Hisaki Nate / ナテ ヒサキ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-HI2011-8,ITE-ME2011-47,ITE-AIT2011-8 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 ITE-6 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会