お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
シートからの座面圧力変化に基づくドライバの居眠り運転検知
今井章博小栗宏次愛知県立大
抄録 (和) 居眠り運転は重大な交通事故を招く一要因である。居眠り運転を検知する研究では、車載カメラからの顔画像情報を用いるものや心拍変動量や呼吸変動量など生体情報を用いるものが挙げられる。しかし、いずれもデータ取得を行う際にドライバの着用物に影響を受けやすいなど計測方法に課題を残す。そこで本研究では、データ取得の際にドライバの着用物などに依存しないシートからの座面圧力変化に基づく居眠り検知手法を提案する。ドライビングシミュレータを用いての居眠り運転模擬実験で得られたデータを元に、居眠りとの関連性があると考えられる座面圧力変化からの特徴量を用いて、2段階での居眠りレベル識別を行ったところシート単体で8割程度の正解率を得た。 
(英) In the recent years, the development of safety system technologies have contributed to reduce deaths from traffic accidents. The majority of traffic accidents are caused by driver’s drowsiness. In the previous study, detection of drowsiness level based on physiological signals or facial features from driver monitoring camera have been suggested. However, these method have problem when data is measured, it is influence from driver’s clothes and glasses. This study therefore proposed the detection of driver’s drowsiness level by measuring signals with pressure sensor on the seat. The advantage of this sensor is unaffected when data is measured. Through the performance validation of proposal method during the experiments using the driving simulator, we obtained high accuracy for detection of drowsiness level. The accuracy is over 80%, this result can indicated our proposal method was useful.
キーワード (和) シート型圧力センサ / ドライバモニタリング / 居眠り運転検知 / AdaBoost / / / /  
(英) Seat pressure sensor / Driver monitoring / Drowsy driving detection / AdaBoost / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ITS 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シートからの座面圧力変化に基づくドライバの居眠り運転検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Drowsiness Driving using Seat Pressure Level 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シート型圧力センサ / Seat pressure sensor  
キーワード(2)(和/英) ドライバモニタリング / Driver monitoring  
キーワード(3)(和/英) 居眠り運転検知 / Drowsy driving detection  
キーワード(4)(和/英) AdaBoost / AdaBoost  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 章博 / Akihiro Imai / イマイ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 宏次 / Koji Oguri / オグリ コウジ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 IEICE-ITS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会