お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
システム創成と空間的心地よさの質について ~ ITによるQoSCの向上とモビリティ ~
長谷川孝明埼玉大
抄録 (和) 本稿では,種々の心地よさのうち特に空間的心地よさの質QoSCに着目し,システム創成論的観点から,ITによるQoSCの向上とモビリティを議論している.本研究はメタ研究的研究であり,オープンな研究/開発/施策のテーマ論である.QoSCではモビリティの高度化と空間そのものの心地よさ(居心地)が重要であり,ITによるモビリティの向上,モバイル/インフラ協調動作MICOによるコンシェルジュ性の向上,生産・購買活動の高度化に言及している. 
(英) This paper describes the quality of spatial comfort (QoSC) from the viewpoint of the systems innovation theory, in particular, the QoSC improvement by information technology (IT) and mobility. This research is a meta-research, and all the issues of research / development / policy themes in this paper are open. Mobility and comfort of the space itself are important for the QoSC. This paper refers to the mobility improved by IT, to the potential of concierge like performance improved by mobile/infrastructure collaborative operation (MICO), and also to IT in production and purchasing activities.
キーワード (和) 空間的心地よさの質 / システム創成 / モバイル/インフラ協調動作 / モビリティ / ライフスタイル / 価値観 / ユビキタス・クラーク / プラットフォーム指向  
(英) QoSC / Systems Innovation / MICO / Mobility / Lifestyle / concept of values / Ubiquitous Clerk / Platform Oriented  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-ITS 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) システム創成と空間的心地よさの質について 
サブタイトル(和) ITによるQoSCの向上とモビリティ 
タイトル(英) On Systems Innovation and the Quality of Spatial Comfort 
サブタイトル(英) QoSC Improvement and Mobility by Information Technology 
キーワード(1)(和/英) 空間的心地よさの質 / QoSC  
キーワード(2)(和/英) システム創成 / Systems Innovation  
キーワード(3)(和/英) モバイル/インフラ協調動作 / MICO  
キーワード(4)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(5)(和/英) ライフスタイル / Lifestyle  
キーワード(6)(和/英) 価値観 / concept of values  
キーワード(7)(和/英) ユビキタス・クラーク / Ubiquitous Clerk  
キーワード(8)(和/英) プラットフォーム指向 / Platform Oriented  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 孝明 / Takaaki Hasegawa / ハセガワ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 IEICE-ITS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会