お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-26 11:30
クラスタ分析を用いたゲームコンテンツの評価用語の選定について
吉田準史長谷川光司春日正男宇大
抄録 (和) 本研究では,ゲームコンテンツの評価に適した用語を選定することを目的に,ゲーム雑誌およびユーザアンケートから数十種類の評価用語を抽出した.さらに20種類のゲームを実際に被験者にプレイさせ,各用語についての当てはまり具合を回答する実験を行った.実験結果に対し,分散分析,クラスタ分析などの統計的な処理を施すことにより,ゲームコンテンツの評価に相応しい用語として「革新的な」,「リアルな」,「幻想的な」,「大勢で楽しめる」,「待ち時間の多い」,「コミカルな」という6種類の評価用語が最終的に選定された. 
(英) In this study, for selecting appropriate evaluation terms for video game contents, many game evaluation terms were collected from game magazines and user questionnaires. In addition, evaluation experiments, in which experimental subjects evaluate the game characteristics after playing 20 video games, and statistical analyses (analysis of variance and cluster analysis) were performed for extracting the appropriate evaluation terms. As results, six kinds of evaluation terms were selected as the appropriate evaluation terms for video game by carrying out statistical analysis. The terms are “innovative”, “fantasy”, “length of waiting time”, “reality”, “comical”, and “enjoyable with many people”.
キーワード (和) ゲームコンテンツ / 評価用語 / クラスタ分析 / 分散分析 / / / /  
(英) Video game contents / Evaluation term / Cluster analysis / Analysis of variance / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 21, ME2008-71, pp. 9-12, 2008年5月.
資料番号 ME2008-71 
発行日 2008-05-19 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME  
開催期間 2008-05-26 - 2008-05-26 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-05-AIT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラスタ分析を用いたゲームコンテンツの評価用語の選定について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Selction of evaluation terms for video game contents using cluster analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゲームコンテンツ / Video game contents  
キーワード(2)(和/英) 評価用語 / Evaluation term  
キーワード(3)(和/英) クラスタ分析 / Cluster analysis  
キーワード(4)(和/英) 分散分析 / Analysis of variance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 準史 / Junji Yoshida / ヨシダ ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 光司 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-26 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-71,ITE-AIT2008-64 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2008-05-19,ITE-AIT-2008-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会