お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-26 10:30
ラフ集合を用いた感性のモデル化手法
荻野晃大京産大)・加藤俊一中大
抄録 (和) 本研究では,各消費者の商品に関する興味を,ラフ集合理論を利用してモデル化する方法について述 べる.本研究では,ラフ集合理論を利用して各消費者が興味を示した商品の属性の集合を「興味集合」として抽出する.そして,この興味集合を利用して,各消費者の興味の傾向を「興味マップ」と名付けた2次元マップに表示する.また本研究では,この興味マップを消費者の洋服に関する興味の分析・表示に適用したので,その結果についても述べる. 
(英) This study proposes a modeling method of each customer’s interest in commodities using Rough Set theory.
In order to detect which attributes of commodities are focused on by a customer, this study calculates attribute
sets of a commodity as “Interest Set”, which characterize customer's interest and utilize an “Interest Map”, which
displays the interest tendencies of customers using the interest set of each customer, visually. This paper also describes
an application system of this method, which indicates interest clothes to each customer using the Interest Map.
キーワード (和) 感性情報処理 / 感性データベース / パーソナライゼーション / ラフ集合 / / / /  
(英) Kansei Information / Kansei Database / Personalization / Rough Set / Kansei Modeling / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 21, ME2008-69, pp. 1-4, 2008年5月.
資料番号 ME2008-69 
発行日 2008-05-19 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME  
開催期間 2008-05-26 - 2008-05-26 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-05-AIT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラフ集合を用いた感性のモデル化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method for KANSEI modeling using rough set 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感性情報処理 / Kansei Information  
キーワード(2)(和/英) 感性データベース / Kansei Database  
キーワード(3)(和/英) パーソナライゼーション / Personalization  
キーワード(4)(和/英) ラフ集合 / Rough Set  
キーワード(5)(和/英) / Kansei Modeling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 晃大 / Akihiro Ogino /
第1著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 俊一 / Toshikazu Kato /
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-26 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-69,ITE-AIT2008-62 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2008-05-19,ITE-AIT-2008-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会