お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-05-26 15:45
感性的視点を利用した新しい企業経営の分析評価方法の提案
中津正修宇大院)・堀江則行トヨタウッド)・千本万紀子佐藤美恵春日正男宇大院
抄録 (和) 本研究では,企業や企業経営者に注目し,より的確に企業やその経営者を分析評価できる新しい手法を提案する.このために,新たな定量評価パラメータと定量評価要素を提案し,これによる企業評価を行う.そして,この提案方法が今後の企業や企業経営者の新しい分析評価方法として役立つことを述べる. 
(英) This paper which the study focuses on companies and business executives will present a new method that is capable of making more accurate analysis and evaluation on business enterprises and business executives. Accordingly, we present new parameters and factors for the quantitative evaluation use. And the descriptions about how the presented method will be useful as a new analysis and evaluation method on companies and business executives are contained.
キーワード (和) 企業経営者 / 定性分析 / 定量分析 / 感性 / / / /  
(英) Business executive / qualitative analysis / quantitative analysis / Kansei / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 21, ME2008-75, pp. 23-26, 2008年5月.
資料番号 ME2008-75 
発行日 2008-05-19 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME  
開催期間 2008-05-26 - 2008-05-26 
開催地(和) ATR 
開催地(英) ATR 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-05-AIT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 感性的視点を利用した新しい企業経営の分析評価方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Proposal of the New Evaluation Method of Business Executives from the Viewpoint of Kansei Engineering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 企業経営者 / Business executive  
キーワード(2)(和/英) 定性分析 / qualitative analysis  
キーワード(3)(和/英) 定量分析 / quantitative analysis  
キーワード(4)(和/英) 感性 / Kansei  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中津 正修 / Masashi Nakatsu / ナカツ マサシ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学院 (略称: 宇大院)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Graduate School of Engineering, Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 則行 / Noriyuki Horie / ホリエ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) トヨタウッドユーホーム株式会社 (略称: トヨタウッド)
Toyota Woodyou Home Corporation (略称: TWH)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 千本 万紀子 / Makiko Senbon / センボン マキコ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学院 (略称: 宇大院)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Graduate School of Engineering, Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学院 (略称: 宇大院)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Graduate School of Engineering, Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学院 (略称: 宇大院)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Graduate School of Engineering, Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-05-26 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-75,ITE-AIT2008-68 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2008-05-19,ITE-AIT-2008-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会