お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-24 11:00
幾何モデルに基づく映像からの人数推定
新井啓之宮川 勲小池秀樹NTT)・長谷山美紀北大
抄録 (和) デジタルサイネージの広告効果測定への適用を想定した,混雑時にも適用可能でかつ簡易な初期設定で利用可能な映像からの人数推定方法を提案する.本手法では,各画素が実空間の人物表面上でどのくらいの面積を占めるかを考慮することにより,画素から人数への変換係数を定義する.そして入力画像において検出された前景画素に沿ってこの変換係数を積算することにより推定人数を得る.局所的な処理結果の単純な積算として人数を推定できるため,混雑時においても安定な処理が可能となる.また処理に必要な幾何パラメータは,人の平均身長など先験的知識から決定されるものとカメラ校正により取得できるもののみであり,カメラ校正を行っておけばカメラ毎の細かなチューニングは不要となる.実画像を用いた実験により本手法の妥当性を確認した. 
(英) We propose a novel technique for estimating the number of people in a video sequence;it has the advantages of being stable even in crowded situations and needing no ground-truth data. By analyzing the geometrical relationships between image pixels and their intersection volumes in the real world quantitatively, a foreground image can be directly indicate the number of people. Because foreground detection can be done even in crowded situations, the proposed method can be applied to such situations. Also it can estimate the number of people in an a-priori manner, so it needs no ground-truth data which is necessary for existing feature-based estimating techniques. Experiments show the validity of the proposed method.
キーワード (和) 人数推定 / 混雑 / カメラ校正 / デジタルサイネージ / 広告効果測定 / 映像監視 / /  
(英) People counting / Congestion / Camera Calibration / Digital Signage / Video Surveillance / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 26, ME2008-84, pp. 33-36, 2008年6月.
資料番号 ME2008-84 
発行日 2008-06-16 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IST  
開催期間 2008-06-23 - 2008-06-24 
開催地(和) 金沢大学 
開催地(英) Kanazawa Univ. 
テーマ(和) マルチメディア情報入力及び処理方式および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-06-ME-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 幾何モデルに基づく映像からの人数推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Number of People from Video Sequence based on Geometrical Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人数推定 / People counting  
キーワード(2)(和/英) 混雑 / Congestion  
キーワード(3)(和/英) カメラ校正 / Camera Calibration  
キーワード(4)(和/英) デジタルサイネージ / Digital Signage  
キーワード(5)(和/英) 広告効果測定 / Video Surveillance  
キーワード(6)(和/英) 映像監視 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 啓之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮川 勲 / Isao Miyagawa / ミヤガワ イサオ
第2著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 秀樹 / Hideki Koike / コイケ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学大学院情報科学研究科 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-24 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-IST2008-26,ITE-ME2008-84 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2008-06-16,ITE-ME-2008-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会