お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-25 16:15
[招待講演]車載用イメージセンサー
山村道男マイクロンジャパン(株)
抄録 (和) 車載用イメージセンサが注目されている中で、どのような性能および機能が望まれ、実用化に向かっているかについて視認用途と認識用途のアプリケーションに分けて述べる 
(英) Recently Image sensor for automotive application is highlighted. The request performance and functions in this application are reviewed. Then the process of getting in the practical use is shown.
キーワード (和) 車載 / CMOSイメージセンサ / 視認用途 / 認識用途 / ハイダイナミックレンジ / 歪補正 / オーバーレイ /  
(英) Automotive / CMOS Image sensor / Scene Viewing / Scene Processing / High Dynamic Range / Distortion Correction / Overlay /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 32, IST2008-36, pp. 17-20, 2008年7月.
資料番号 IST2008-36 
発行日 2008-07-18 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2008-07-25 - 2008-07-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) セキュリティカメラ,車載カメラ,サーベイランス技術,関連デバイス,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2008-07-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載用イメージセンサー 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CMOS image sensor for automotive application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載 / Automotive  
キーワード(2)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS Image sensor  
キーワード(3)(和/英) 視認用途 / Scene Viewing  
キーワード(4)(和/英) 認識用途 / Scene Processing  
キーワード(5)(和/英) ハイダイナミックレンジ / High Dynamic Range  
キーワード(6)(和/英) 歪補正 / Distortion Correction  
キーワード(7)(和/英) オーバーレイ / Overlay  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山村 道男 / Michio Yamamura /
第1著者 所属(和/英) マイクロン ジャパン株式会社 (略称: マイクロンジャパン(株))
Micron Japan (略称: Micron Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-25 16:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2008-36 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.32 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2008-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会