映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-09-12 16:00
平面映像とその奥行値から生成したHPO電子ホログラフィのオクルージョン考察
妹尾孝憲山本健詞大井隆太朗三科智之奥井誠人NICT
抄録 (和) 平面映像とその奥行値による電子ホログラフィを実現する際に課題となるオクルージョン問題解決の第一段階として,一方向のみの視差を持つHPOホログラフィの検討を行った. HPOホログラフィにシングルサイドバンド法(SSB)による不要光除去を適用すると,オクルージョンの見え方が一方向に限定されるので,2台のカメラ映像で陰面の補填が可能であり,簡単な構成で高速にオクルージョン問題を解決出来る事を確認した.この手法を垂直方向にも適用させることによりフルパララックスのホログラフィにも対応可能である。 
(英) As the first step to the electronic holography generation from 2D image plus depth map, Horizontal Parallax Only (HPO) hologram generation was investigated. As occlusion is perceived only in one direction, when Single-Side-Band (SSB) method for unnecessary light elimination is applied to HPO hologram, stereo cameras can pave the hidden surface. With this method, simple high speed electronic holography generation is experimentally confirmed. This approach can be extended to full-parallax holography.
キーワード (和) 奥行き映像 / HPO電子ホログラフィ / オクルージョン / シングルサイドバンド法 / / / /  
(英) Depth map / Horizontal parallax only electronic holography / Occlusion / Single-sideband method / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 36(AIT), 36(3DIT), AIT2008-94, 3DIT2008-53, pp. 21-24, 2008年9月.
資料番号  
発行日 2008-09-05 (AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT 3DIT OSJ-HODIC  
開催期間 2008-09-12 - 2008-09-12 
開催地(和) 日本大学理工学部船橋キャンパス 
開催地(英) College of Science and Technology, Nihon Univ. 
テーマ(和) 立体映像及びホログラフィ 
テーマ(英) 3D Imaging and Holography 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OSJ-HODIC 
会議コード 2008-09-AIT-3DIT-HODIC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 平面映像とその奥行値から生成したHPO電子ホログラフィのオクルージョン考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study On Occlusion Of HPO Electronic-Holography Generated From 2D Image With Depth Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 奥行き映像 / Depth map  
キーワード(2)(和/英) HPO電子ホログラフィ / Horizontal parallax only electronic holography  
キーワード(3)(和/英) オクルージョン / Occlusion  
キーワード(4)(和/英) シングルサイドバンド法 / Single-sideband method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 孝憲 / Takanori Senoh / セノオ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 健詞 / Kenji Yamamoto / ヤマモト ケンジ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 隆太朗 / Ryutaro Oi / オオイ リュウタロウ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 智之 / Tomoyuki Mishina / ミシナ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥井 誠人 / Makoto Okui / オクイ マコト
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-09-12 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OSJ-HODIC 
資料番号 ITE-AIT2008-94,ITE-3DIT2008-53 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2008-09-05,ITE-3DIT-2008-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会