お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-21 12:50
重畳投影型裸眼立体視ディスプレイの較正方法
山崎眞見坂井秀行宇都木 契小池崇文日立
抄録 (和) Integral Photographyの原理に基づいた裸眼立体視ディスプレイにおいて、偏向光学系の要素マイクロレンズの小径化に依らずに、多数のプロジェクタの像を重畳投影して、立体像の精細度を向上させるシステム化技術を開発した。該システム技術の中心をなす光線方向キャリブレーション方式を紹介する。 
(英) We propose a method to increase image resolution of an autostereoscopic display without increasing the density of micro lenses. Multiple projectors are used for multiple real images to be laid on a surface in the air behind a light deflecting device. The overlaid multiple projection images yield light spots inside the region of a micro lens. This property provides scalable high resolution image by increasing the number of projectors. We describe some characteristic aspects of the calibration method that plays central role in such a projector based display system.
キーワード (和) 裸眼立体視 / インテグラル方式 / 重畳投影 / ライトフィールド / 較正方法 / / /  
(英) Autostereoscopic display / Integral Photography / Overlaid Projection / Light Field / calibration / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 44, 3DIT2008-68, pp. 13-16, 2008年10月.
資料番号 3DIT2008-68 
発行日 2008-10-14 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2008-10-21 - 2008-10-21 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英) NHK STRL 
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2008-10-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重畳投影型裸眼立体視ディスプレイの較正方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Calibration Method for the Integral Imaging Display using Overlaid Projection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 裸眼立体視 / Autostereoscopic display  
キーワード(2)(和/英) インテグラル方式 / Integral Photography  
キーワード(3)(和/英) 重畳投影 / Overlaid Projection  
キーワード(4)(和/英) ライトフィールド / Light Field  
キーワード(5)(和/英) 較正方法 / calibration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 眞見 / Masami Yamasaki / ヤマサキ マサミ
第1著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 秀行 / Hideyuki Sakai / サカイ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都木 契 / Kei Utsugi / ウツギ ケイ
第3著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 崇文 / Takafumi Koike / コイケ タカフミ
第4著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-21 12:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2008-96,ITE-3DIT2008-68 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2008-10-14,ITE-3DIT-2008-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会