お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-10-21 16:20
立体ディスプレイの医療用訓練機器への応用
永谷広行東芝)・不二門 尚阪大
抄録 (和) 我々は、自然で見易い立体映像の実現に向けインテグラルイメージング方式(II式)による裸眼立体ディスプレイを開発し、同時に立体映像の安全性についても評価をしてきた。今回はII式立体映像の積極的な活用として、医療用訓練機器への応用を試みたので報告する。斜視や弱視の患者向けに、両眼立体視による視機能の回復を図ることを目的としたものである。特に、指標を用いた訓練が困難な幼児への適応を重視し、インタラクティブ性を持たせ、ゲーム感覚で楽しみながらも訓練になるよう配慮した。 
(英) We developed an autostereoscopic display based on the integral imaging (II) method to give horizontal parallax. There is some anxiety about visual fatigue from stereoscopic images. We have also evaluated the safety of the stereoscopic vision. This paper reports , application of autostereoscopic display based on II method to the training equipment for the medical treatment. It is an attempt of the recovery of the binocular vision performance for a strabismus or amblyopia (lazy eye) patient.
キーワード (和) 評価 / インテグラルイメージング / 裸眼立体 / 医療訓練 / 映像酔い / 立体映像の眼精疲労 / /  
(英) evaluation / integral imaging / autostereoscopic / medical training / visual fatigue from stereoscopic images / visually induced motion sickness / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 44, 3DIT2008-73, pp. 37-40, 2008年10月.
資料番号 3DIT2008-73 
発行日 2008-10-14 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2008-10-21 - 2008-10-21 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英) NHK STRL 
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2008-10-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体ディスプレイの医療用訓練機器への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of autostereoscopic display to medical training equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 評価 / evaluation  
キーワード(2)(和/英) インテグラルイメージング / integral imaging  
キーワード(3)(和/英) 裸眼立体 / autostereoscopic  
キーワード(4)(和/英) 医療訓練 / medical training  
キーワード(5)(和/英) 映像酔い / visual fatigue from stereoscopic images  
キーワード(6)(和/英) 立体映像の眼精疲労 / visually induced motion sickness  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永谷 広行 / Hiroyuki Nagatani / ナガタニ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: TOSHIBA Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 不二門 尚 / Takashi Fujikado /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-10-21 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2008-101,ITE-3DIT2008-73 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2008-10-14,ITE-3DIT-2008-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会