お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-18 13:50
二次元GenLOTの二次バニッシングモーメント制約と指向的設計
村松正吾安達充幸新潟大
抄録 (和) 本研究では二次元非分離直線位相パラユニタリフィルタバンク(LPPUFB)の新たな設計法を与える.特に,ラティス構成のための二次バニッシングモーメント制約を導出する.2×2分割の場合について,筆者らは既にその制約を導出し,二次のバニッシングモーメントを有する非分離対称直交ウェーブレットを構築した.本研究では,この議論をより一般的な 2m_y×2m_x 分割へと拡張し,そのラティス構成に条件を課すための手法を与える.導出される制約は,設計パラメータに直接適用されるため,直線位相特性とパラユニタリ特性は構造的に保証される.本研究で採用する構成は二次元分離型DCTに基づくため,DCTに基づくLPPUFBの有名なラティス構造である分離型 GenLOTを特殊な場合とみなすことができる.非分離システムの主な利点は指向性を許容できることにある.本研究は,二次バニッシングモーメントを有する指向性非分離GenLOTの設計を可能とする.本報告では,設計例を示すことによって本提案手法の有効性を確認する. 
(英) This work proposes a novel design method of 2-D non-separable linear-phase paraunitary filter banks (LPPUFB). Especially the two-degree vanishing moment constraint is derived for the lattice structure. In the 2x2-decomposition case, the authors have already derived the constraint and designed non-separable symmetric orthonormal wavelets with vanishing moments of degree two. This work extends the discussion to more general 2m_y x 2m_x-decomposition case and yields a method to impose the condition to the lattice structure. The constraint is imposed directly on design parameters so that both of the linear-phase and paraunitary property are structurally guaranteed. Since the structure adopted in this work is based on the 2-D separable DCT, 2-D separable GenLOT, a popular lattice structure of DCT-based LPPUFB, is regarded as a special case. The main advantage of non-separable systems is the directional capability. This work allows us to obtain directional non-separable LOT with two-degree vanishing moments. Some design examples are shown to verify the significance of the proposed method.
キーワード (和) 画像符号化 / DCT / GenLOT / バニッシングモーメント / 指向性 / 非分離変換 / /  
(英) Picture coding / DCT / GenLOT / Vanishing moments / Directionality / Non-separable transforms / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 通信品質,メディア・インタフェース及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-12-ME-BS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 二次元GenLOTの二次バニッシングモーメント制約と指向的設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Second Vanishing Moment Constraints on 2-D GenLOT and Its Directional Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像符号化 / Picture coding  
キーワード(2)(和/英) DCT / DCT  
キーワード(3)(和/英) GenLOT / GenLOT  
キーワード(4)(和/英) バニッシングモーメント / Vanishing moments  
キーワード(5)(和/英) 指向性 / Directionality  
キーワード(6)(和/英) 非分離変換 / Non-separable transforms  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 正吾 / Shogo Muramatsu / ムラマツ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 充幸 / Atsuyuki Adachi / アダチ アツユキ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-18 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会