お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-19 10:50
多視点・多焦点画像群から復元した3次元メッシュの統合法
吉田孝太吉田俊之福大
抄録 (和) 著者らは,対象物体に対する多視点,多焦点画像群から,異なる視点ごとにShape From Focus (SFF)法を用いて3次元形状を復元し,それらを統合することで対象全体の3次元法形状を計測する手法を提案してきた.本手法では,視点ごとの3次元メッシュデータを統合する処理が必要となる.小文では、SFF法の特長を利用して測定点に対する信頼度を定義し,その信頼度を重みとして対象形状に対するボリュームデータを生成した後,Marching Cubes法を用いることで対象物体に対する形状データを高精度に復元・統合する手法を提案する.シミュレーションによる復元精度の検証の結果、重みを用いることにより復元誤差が低減されることを確認した。 
(英) The authors have proposed a 3-D shape reconstruction technique for a multi-view and multi-focus image set, which integrates 3-D shapes from different viewpoints reconstructed by the Shape From Focus (SFF) technique. This paper proposes a 3-D mesh integration technique based on features of SFF. First, a reliability metric for the depth information measured by SFF, and volumatic data weighted by the reliability is generated for a target object. Then, the 3-D shaped for the target object is obtained by applying the Marching Cubes algorithm to the volumatic data. A simulation for the proposed technique shows that the introduction of the weighting actually reduces the reconstruction error.
キーワード (和) Shape From Focus / 3次元形状復元 / 3次元画像処理 / Marching Cubes法 / / / /  
(英) Shape From Focus / 3-D shape reconstruction / 3-D image processing / Marching Cubes method / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 通信品質,メディア・インタフェース及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多視点・多焦点画像群から復元した3次元メッシュの統合法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integration Technique for 3-D Mesh generated from Multi-Viewpoint and Multi-Focus Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Shape From Focus / Shape From Focus  
キーワード(2)(和/英) 3次元形状復元 / 3-D shape reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 3次元画像処理 / 3-D image processing  
キーワード(4)(和/英) Marching Cubes法 / Marching Cubes method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 孝太 / Kouta Yoshida / ヨシダ コウタ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / ヨシダ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-19 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会