お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-19 09:45
実写画像からの水彩画風イメージ生成について
猪島靖公吉田俊之福井大
抄録 (和) 実写画像を絵画調に変換する研究が多く提案されている.それらは,絵画調の筆使いに着目した手法や,絵の具の振る舞いのシミュレートを行うことを基本としている.本研究では,種々の絵画の中でも水彩画に着目し,水彩画風のイメージを写真から生成するアルゴリズムを提案する.本手法では,実際の水彩画に見られる着色の典型的な特徴を基本的な画像処理手法を用いて再現し,実写画像に対し適用することで水彩画風イメージを生成している.本稿では,特に変換処理に必要な種々のパラメータを自動的に設定する手法について検討し,これに基づいて自動生成したイメージ,および人手を介してさらにトリミングを行った結果を比較する. 
(英) There have proposed several techniques which convert real photographs into pictrial art. Most of those techniques are based on realizing artistic brushwork or simulating behavior of pigments. Among various painting styles, this paper focuses on water-color paintings, and proposes an algorithm that generates water-color-like images from real photographs by realizing typical features on water-color-like paintings with several fundamental image processing techniques.In particular, this paper considers automatic setting for several parameters required in the conversion process, and compares an automatically generated image and manually trimmed one.
キーワード (和) 水彩画 / 着色処理 / ノンフォトリアリスティック・レンダリング / 自動化 / / / /  
(英) water-color painting / coloring / nonphoto-realistic rendering / automatic processing / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 通信品質,メディア・インタフェース及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実写画像からの水彩画風イメージ生成について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Water-Color-Like Painting from real pictures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水彩画 / water-color painting  
キーワード(2)(和/英) 着色処理 / coloring  
キーワード(3)(和/英) ノンフォトリアリスティック・レンダリング / nonphoto-realistic rendering  
キーワード(4)(和/英) 自動化 / automatic processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪島 靖公 / Yasuhiro Inoshima / イノシマ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / ヨシダ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
Fukui University (略称: Fukui Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2008-12-19 09:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ME 
資料番号  
巻番号(vol) vol. 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会