お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-01-22 16:10
ハイビジョン映像を用いた高臨場感遠隔教育システム構成法の検討(1)
窪田裕晃西原 功中野愼夫富県大)・中島雅樹青木功介ISI)・黒田 卓Univ of Toyama
抄録 (和) 本研究では、高精細なハイビジョン映像を用いた高臨場感遠隔教育システムの構築を目指し、博物館から遠隔地の受講生会場へ遠隔講義実験を実施。講師に対して博物館貯蔵の絵画を合成し、講師が絵画の中に入り込んで詳細な部分の説明や絵画の中を動き回れる画像合成技術を確立し、評価を行った。また、講師が合成資料を操作するインターフェースを検討し、評価を行った。講師側と受講生側のシステム双方において検討し、評価した。 
(英) In this research, the remote education system is constructed with high realistic presence. The remote education system is executed with HD video transmission from the museum to the room of audience. The technique of the image synthesis is estimated that it compound of the lecturer video and the teaching material video. As a result, the experiment of remote education has user-friendliness interface and high quality image composition.
キーワード (和) ハイビジョン / 遠隔講義 / 画像合成 / 入力インターフェース / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA IEEE-BT-TOKYO  
開催期間 2009-01-22 - 2009-01-23 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2009-01-BCT-KYUSHU-S FUKUOKA-BT TOKYO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイビジョン映像を用いた高臨場感遠隔教育システム構成法の検討(1) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Construction of high-presence remote lecture systems using HD videos(1) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイビジョン /  
キーワード(2)(和/英) 遠隔講義 /  
キーワード(3)(和/英) 画像合成 /  
キーワード(4)(和/英) 入力インターフェース /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 裕晃 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富県大)
Toyama Prefectural University (略称: TPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西原 功 / Isao Nishihara / イサオ ニシハラ
第2著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富県大)
Toyama Prefectural University (略称: TPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 愼夫 / Shizuo Nakano / シズオ ナカノ
第3著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富県大)
Toyama Prefectural University (略称: TPU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 雅樹 / Masaki Nakashima / マサキ ナカシマ
第4著者 所属(和/英) インテックシステム研究所 (略称: ISI)
Intec Systems Institute (略称: ISI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 功介 / Kousuke Aoki / コウスケ アオキ
第5著者 所属(和/英) インテックシステム研究所 (略称: ISI)
Intec Systems Institute (略称: ISI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 卓 / Takashi Kuroda /
第6著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: Univ of Toyama)
Toyama University (略称: Univ of Toyama)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-01-22 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会