お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-28 13:30
任意姿勢の顔検出とMean-Shiftトラッカによる複数視点人物追跡
竹内大悟伊東 祐山下 淳金子 透静岡大
抄録 (和) ビジョンセンサを用いて環境を自動的に監視する場合,画像中の人物の追跡が重要な課題となる.しかし画像の中から人物のような姿勢変化の大きな対象を特定することは難しい.この問題に対して我々はHaar-like特徴とMean-Shiftトラッカを組み合わせた人物追跡手法を提案したが,正面顔が検出されるまで人物追跡が行われないという問題があった.そこで,本研究では判別器を生成し,任意姿勢の顔検出を行うことでこの問題を解決する. 
(英) Person tracking in images is an important function to an automatic surveillance system using a vision sensor. However, it is difficult to identify a person exactly in an image due to the variety of poses. We previously proposed a person tracking method by Haar-like features and mean-shift algorithm. However, there is a problem that a person is not tracked until his/her frontal face is detected. This problem is solved in this study by face detection of arbitrary poses using trained cascades.
キーワード (和) AdaBoostアルゴリズム / Haar-like特徴 / Mean-Shiftトラッカ / 複数視点 / / / /  
(英) AdaBoost Algorithm / Haar-like Features / Mean-Shift Algorithm / Multi-Viewpoint / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 11, ME2008-69, pp. 69-72, 2009年2月.
資料番号 ME2008-69 
発行日 2009-02-21 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2009-02-28 - 2009-02-28 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2009-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意姿勢の顔検出とMean-Shiftトラッカによる複数視点人物追跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Viewpoint Person Tracking Based on Face Detection of Arbitrary Pose and Mean Shift Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AdaBoostアルゴリズム / AdaBoost Algorithm  
キーワード(2)(和/英) Haar-like特徴 / Haar-like Features  
キーワード(3)(和/英) Mean-Shiftトラッカ / Mean-Shift Algorithm  
キーワード(4)(和/英) 複数視点 / Multi-Viewpoint  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 大悟 / Daigo Takeuchi / タケウチ ダイゴ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 祐 / Yu Ito / イトウ ユウ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学大学院 (略称: 静岡大)
Graduate School of Engineering, Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 淳 / Atsushi Yamashita / ヤマシタ アツシ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 透 / Toru Kaneko / カネコ トオル
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-28 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-69 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2009-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会