お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-28 15:30
ログ情報を利用した知的ケアシステムに関する基礎的検討
坂下大樹佐藤美恵春日正男宇都宮大)・久保田修司安田晴剛リコー)・城間祥之札幌市立大
抄録 (和) 近年,我が国では急激な少子高齢化が進み、増加する高齢者に対して介助者の数が不足し,介助者にかかる負担が大きいことが問題になっている。そこで,被介助者の状態を把握した上でその行動を予測し、危険が迫っている可能性がある場合は、介助者に異常を知らせるケアシステムの構築を目的とする.本研究ではまず,静止画像を用いて被介助者の状態を把握した後,状態の履歴としてデータベースに蓄積し,蓄積された情報を基にその後の行動を予測するシステム構築の検討を行う. 
(英) Recently, the burden of assistance is increased due to the rapidly falling birhrate and the aging population, as the number of elders rose while those who help them are insufficient. In this research, the aim is to build a care system in order to alert the assistance to the abnormal situation, through the forecast of the potential threat when the condition of the one who needs help is understood. First, the condition of the person who needs help is figure out using a still picture, and the information is accumulated in the data base, and the based on that, the action forecast by the system is constructed.
キーワード (和) 高齢化社会 / ケアシステム / データベース / 静止画像 / / / /  
(英) aging society / care system / data base / still picture / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 11, ME2008-76, pp. 95-98, 2009年2月.
資料番号 ME2008-76 
発行日 2009-02-21 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2009-02-28 - 2009-02-28 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2009-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ログ情報を利用した知的ケアシステムに関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic examination for construction of an intellectual care system using logs information of a condition of life 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高齢化社会 / aging society  
キーワード(2)(和/英) ケアシステム / care system  
キーワード(3)(和/英) データベース / data base  
キーワード(4)(和/英) 静止画像 / still picture  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂下 大樹 / Daiki Sakashita / サカシタ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 修司 / Syuji Kubota / クボタ シュウジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
RICOH Ltd. (略称: RICOH)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 晴剛 / Seigou Yasuda / ヤスダ セイゴウ
第5著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
RICOH Ltd. (略称: RICOH)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 城間 祥之 / Yoshiyuki Sshiroma / シロマ ヨシユキ
第6著者 所属(和/英) 札幌市立大学デザイン学部 (略称: 札幌市立大)
Sapporo City University (略称: Sapporo City University.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-28 15:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-76 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2009-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会