お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-28 13:45
カメラの水平スイングを考慮した単眼サッカー映像からの選手追跡
片岡裕雄大関和夫芝浦工大)・青木義満慶大)・山田義浩TPSC)・田波 厚シスプロ)・宮地恵美サイバー大
抄録 (和) スポーツシーンから選手の動きを把握する研究が数多く見られるが,そのためには映像中からスポーツ選手の位置情報を取得することが必要である.そこで本稿では,サッカーシーンに着目し,スタジアムの観客席に取り付けた単眼カメラで撮影した映像中から選手を追跡し移動軌跡を取得する.単眼カメラでグラウンド全体を
撮影することは困難なので,選手・ボールなどプレーの中心を撮影するようにカメラを水平にスイングさせる.映像中での選手の軌跡,さらにはカメラの動作量を取得することで,グラウンド上での選手の移動軌跡を推定する.また,実際のサッカー試合映像に対する選手追跡実験により,追跡手法の有効性について評価を行った. 
(英) The attempt to understand players’ movement from sports scene is seen a lot. To implement it, obtaining the players' positional information is essential: however, several cameras are needed. Here, we propose a method to track footballplayers using a single camera set up at the stand of stadiums. The camera pans and brings the players and the ball into the view,enabling to record the whole pitch. The players' trajectories in frames and camera movement are obtained to estimate the trajectories on the pitch. Moreover, the effectiveness of the proposed football players tracking method is evaluated.
キーワード (和) 物体追跡 / サッカー / パーティクルフィルタ / カメラ動作 / / / /  
(英) Object Tracking / Football / Particle Filter / Camera Movement / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 11, ME2008-70, pp. 73-76, 2009年2月.
資料番号 ME2008-70 
発行日 2009-02-21 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2009-02-28 - 2009-02-28 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2009-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラの水平スイングを考慮した単眼サッカー映像からの選手追跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Football player tracking using a single camera that pans horizontally 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物体追跡 / Object Tracking  
キーワード(2)(和/英) サッカー / Football  
キーワード(3)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(4)(和/英) カメラ動作 / Camera Movement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 裕雄 / Hirokatsu Kataoka / カタオカ ヒロカツ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大関 和夫 / Kazuo Ohzeki / オオゼキ カズオ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 義満 / Yoshimitsu Aoki / アオキ ヨシミツ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 義浩 / Yoshihiro Yamada / ヤマダ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 東芝プラントシステム株式会社 (略称: TPSC)
TOSHIBA PLANT SYSTEMS&SERVICES CORP (略称: TPSC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田波 厚 / Atsushi Tanami / タナミ アツシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 シスプロ (略称: シスプロ)
SYSPRO CORPORATION (略称: SYSPRO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 恵美 / Emi Miyachi / ミヤチ エミ
第6著者 所属(和/英) サイバー大学 (略称: サイバー大)
Cyber University (略称: Cyber)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-28 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2008-70 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2009-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会