お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-11 14:55
顔印象の解析と表現への利用
佐塚智秋青木直和小林裕幸千葉大
抄録 (和) 我々は相手に対して抱いた印象が性格や人柄を理解するにつれて変化し,時には顔の形が変化したように見えることがある.本研究では,人はどのように顔印象を形として捉えるのかを探り,印象の計算的な付加法を検討した.はじめに特定印象を持つ顔画像群から特徴点を抽出し,これについて主成分分析を行うことで,印象を構成する形状の情報を集約した.次に主成分分析の過程で得られた主成分得点を用いて印象を再構成する主観評価実験を行い,感覚との対応関係を調査した.この結果をさらに主成分分析することで印象成分軸を取得し,未知入力顔に印象を付加する手法の検討を行った. 
(英) Facial impressions sometimes change when one's personality is understood in more depth. This study is aiming to analyze how to recognize facial expressions as shapes, and to suggest a computational addition method of facial impressions. First, we used PCA to feature points of faces, and reduce shape data sets to lower dimensions. Secondly, we asked subjects to recreate facial impressions by controlling principal component scores, and analysis a relationship between the scores and the impressions. Finally, we set facial impression axes, and propose a method for adding impressions to an input face shape.
キーワード (和) / 顔印象 / 顔形状 / 線画 / 主成分分析 / / /  
(英) Face / Facial Impression / Facial Shape / Caricature / Principal Component Analysis / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 14, AIT2009-65, pp. 49-52, 2009年3月.
資料番号 AIT2009-65 
発行日 2009-03-04 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ  
開催期間 2009-03-11 - 2009-03-11 
開催地(和) 武蔵工業大学 
開催地(英) Musashi Institute of Technology 
テーマ(和) 映像表現フォーラム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2009-03-AIT-IIEEJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔印象の解析と表現への利用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Facial Impression and Its Application to Facial Expression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Face  
キーワード(2)(和/英) 顔印象 / Facial Impression  
キーワード(3)(和/英) 顔形状 / Facial Shape  
キーワード(4)(和/英) 線画 / Caricature  
キーワード(5)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐塚 智秋 / Tomoaki Satsuka / サツカ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 直和 / Naokazu Aoki / アオキ ナオカズ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 裕幸 / Hiroyuki Kobayashi / コバヤシ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-11 14:55:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2009-65 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2009-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会