お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-17 14:30
[招待講演]2眼立体ディスプレイにおける画質への光学特性の影響 ~ 3D クロストーク 両眼輝度差の影響 ~
結城昭正三菱電機
抄録 (和) ISO-PC159国内対策委員会では、裸眼立体ディスプレイの評価方法として、立体視の可能なユーザーの観察位置である立体視域を二つのレベル、即ち、立体画像による疲労を受けない立体視域QBVS (Qualified Binocular Viewing Space)と、立体画質が良好な立体視域QSVS (Qualified Stereoscopic Viewing Space)に分けて、それぞれの広さを計測することを提案している。このQBVS とQSVS の境界を決める重要な物理的要因の一つとして、?左右それぞれの視認空間から見える画像における左右視差画像の混在の程度を示す3Dクロストーク(3D Crosstalk )と、?左右それぞれの視認空間から見える視差画像の輝度差(Interocular difference of Luminance)が考えられる。ここでは、これらの要因がその大きさにより立体画像の画質に対しどのような影響を及ぼすかについて知見を得るために、画像データ処理により擬似的に作成した3Dクロストークと両眼輝度差のある視差画像を、実際に2眼式の裸眼立体ディスプレイに表示し、立体画像の画質に対しどのような影響を及ぼすかについて主観評価実験により検討した。 
(英) We discuss QBVS (Qualified Binocular Viewing Space) from where users can watch images without visual fatigue caused by stereoscopic displays and QSVS (Qualified Stereoscopic Viewing Space) from where users can watch qualified 3D image and their measurement methods in case of two-view autostereoscopic displays.
By subjective experiment, it is confirmed that ghost images due to 3D crosstalk and Interocular Luminance Difference are important factors which determine those boundaries of QBVS and QSVS.
キーワード (和) 裸眼立体ディスプレイ / 3Dクロストーク / 両眼輝度差 / 立体画像画質 / / / /  
(英) Autostereoscopic Displays / 3D Crosstalk / Interocular Luminance Difference / Image Quality / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 16, 3DIT2009-7, pp. 25-30, 2009年3月.
資料番号 3DIT2009-7 
発行日 2009-03-10 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2009-03-17 - 2009-03-18 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究(HI研共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2009-03-3DIT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 2眼立体ディスプレイにおける画質への光学特性の影響 
サブタイトル(和) 3D クロストーク 両眼輝度差の影響 
タイトル(英) The influence of the optical propaties on image qulities of two-view steroscopic displays 
サブタイトル(英) 3D crosstalk and biocular luminance difference 
キーワード(1)(和/英) 裸眼立体ディスプレイ / Autostereoscopic Displays  
キーワード(2)(和/英) 3Dクロストーク / 3D Crosstalk  
キーワード(3)(和/英) 両眼輝度差 / Interocular Luminance Difference  
キーワード(4)(和/英) 立体画像画質 / Image Quality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 結城 昭正 / Akimasa Yuuki / ユウキ アキマサ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-17 14:30:00 
発表時間 35 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2009-7 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-3DIT-2009-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会