お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-18 10:20
HMDにおける水晶体調節の反応
大森正子神女大)・長谷川 聡名古屋文理大)・渡邊智之愛知学院大)・高田宗樹岐阜医療科学大)・○宮尾 克名大)・市川哲也OVC
抄録 (和) ヘッドマウントディスプレイ(HMD)で,3D(立体)表示,Sky Vision(クロスポイント撮影方式で遠近に応じた視差をつけてある), Power3D表示(視覚負担のすくない新しい立体表示方法)の3種類の立体映像を注視している被験者の水晶体調節距離を測定した.HMDにおいても, 左右視差の変化に追従した水晶体調節が見られた.この結果は,HMDであっても3D立体映像の動きとともに,毛様体筋,毛様体小帯は,近望時には緊張し,遠望時には緊張緩和していることが客観的に確認された. 
(英) Stereoscopic head mounted display (HMD) are now widely spread for ubiquitous virtual reality in the world. But visual functions for stereoscopic HMDs have not studied much yet. Especially, lens accommodation for stereoscopic HMDs have not measured yet, because the eye balls are very close to the HMDs. To investigate the effects of stereoscopic images on human vision, we measured lens accommodation in subjects as they watched 3-dimensional (3D) images on a head mounted display (HMD). Lens accommodation was measured for 40 sec as subjects gazed at 3D images on HMDs. In this report we give the results of measurements of lens accommodation when subjects gazed at Power 3DTM, Sky VisionTM, and ordinary 3D with natural binocular vision. We carried out the experiments on lens accommodation to the stereoscopic vision on HMDs. Actual accommodation for stereoscopic view on HMDs were confirmed. Stereoscopic Since HMDs should be promising device for ubiquitous virtual reality, further research including 3D image sickness would be expected.
キーワード (和) 立体視 / 立体表示装置 / ヘッドマウントディスプレイ / 水晶体調節 / / / /  
(英) stereoscopic vision / 3-D display / HMD / lens accommodation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, 2009年3月.
資料番号  
発行日 2009-03-10 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT  
開催期間 2009-03-17 - 2009-03-18 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究(HI研共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2009-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HMDにおける水晶体調節の反応 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Lens accommodation in response to 3D images on a HMD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体視 / stereoscopic vision  
キーワード(2)(和/英) 立体表示装置 / 3-D display  
キーワード(3)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / HMD  
キーワード(4)(和/英) 水晶体調節 / lens accommodation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 正子 / Masako Omori / オオモリ マサコ
第1著者 所属(和/英) 神戸女子大学 (略称: 神女大)
Kobe Women's Univesity (略称: Kobe Women's Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 聡 / Satoshi Hasegawa / ハセガワ サトシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋文理大学 (略称: 名古屋文理大)
Nagoya Bunnri University (略称: Nagoya Bunnri Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 智之 / Tomoyuki Watanabe / ワタナベ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 愛知学院大学 (略称: 愛知学院大)
Aichi Gakuin University (略称: Aichi Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 宗樹 / Hiroki Takada / タカダ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu University of Medical Science (略称: Gifu University of Medical Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮尾 克 / Masaru Miyao / ミヤオ マサル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 哲也 / Tetsuya Ichikawa / イチカワ テツヤ
第6著者 所属(和/英) オリンパス ビジュアル コミュニケーションズ株式会社 (略称: OVC)
Olympus Visual Communications Corp. (略称: OVC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第5著者 
発表日時 2009-03-18 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 3DIT2009-13 
巻番号(vol) vol.33 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数
発行日 2009-03-10 (3DIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会