お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-18 09:55
フレネルCGHのカラー画像再生シミュレーション
木下健治富山商船高専
抄録 (和) フレネル型の計算機合成ホログラム(Computer-Generated Hologram : CGH)に関して,カラー画像再生シミュレーション手法の検討を行った.CGHサイズは2048×2048点,表示対象の2次元画像サイズは128×128画素である.CGHはフレネル・ゾーン・プレートの重ね合わせで記録するが,カラーの3原色画像に対する3つのCGHは全て赤波長を用いて干渉縞を計算する.この3つのCGHは,赤波長,緑波長,青波長で再生して,カラー画像として合成する.画像再生はフレネル・キルヒホッフの式に2次元高速フーリエ変換(Two-Dimensional Fast Fourier Transform : 2D FFT)を適用して,数値再生で行う.再生した3原色画像を1つのカラー再生像として合成するには,2D FFT計算において3つのCGHにおける干渉縞の標本化間隔を適切に設定する必要がある. 
(英) A computer simulation method of color image reconstruction from Fresnel computer-generated holograms (Fresnel CGHs) was studied. The size of the CGH is 2048×2048 points and that of an object color image is 128×128 pixels. The interference fringes of the Fresnel CGH for primary color images are calculated by using only a wavelength of red light, and recorded as the sum of the Fresnel zone plate. Images from the three GCHs are reconstructed by applying the two-dimensional fast Fourier transform (2D FFT) to the Frsnel-Kirchhof diffraction integral, using wavelengths of red, green and blue light. To synthesize reconstructed primary color images as one color image, we must pay attention to the sampling interval of the interference fringes in the 2D FFT calculation.
キーワード (和) 計算機合成ホログラム / フレネルCGH / カラー画像再生 / シミュレーション / / / /  
(英) Computer-generated hologram / Fresnel CGH / Color image reconstruction / Simulation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, 2009年3月.
資料番号  
発行日 2009-03-10 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT  
開催期間 2009-03-17 - 2009-03-18 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究(HI研共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2009-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フレネルCGHのカラー画像再生シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computer Simulation of Color Image Reconstruction from Fresnel CGHs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計算機合成ホログラム / Computer-generated hologram  
キーワード(2)(和/英) フレネルCGH / Fresnel CGH  
キーワード(3)(和/英) カラー画像再生 / Color image reconstruction  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 健治 / Kenji Kinoshita / キノシタ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 富山商船高等専門学校 (略称: 富山商船高専)
Toyama National College of Maritime Technology (略称: Toyama Nat’l College of Maritime Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-18 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 3DIT2009-12 
巻番号(vol) 33 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数
発行日 2009-03-10 (3DIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会