お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-16 14:30
[招待講演]シーンの認識と探索にかかわる視覚のメカニズム
竹内龍人NTT
抄録 (和) シーン(情景)がもつ意味的カテゴリーや空間レイアウト,シーンに含まれるいくつかの主要なオブジェクトを総称してシーンのgistという.本稿では,シーンのgistがいかにして検出,認識されているか,その視覚メカニズムの解明に向けた研究を概説する.たとえ見たことのない画像でも,そのgistは一目で認識される.gistの情報は,高次の意味的ネットワークを駆動することにより,オブジェクトの検出や認識を促進する.視覚システムはまた,シーンの情報を積極的に利用して視覚探索を行う. gistの認識過程や,シーン情報に基づくトップダウンの過程を組み込んだ視覚探索のモデルは,自然画像を探索する際の観察者の注視領域を精度よく予測することができる. 
(英) The gist of the scene refers to a summary of a semantic description of the scene, such as its category, its layout, and a few objects inside the scene and their attributes. This article reviews the recent progress in the study of scene perception and visual search of the scenes. Human can recognize the gist of a novel image in a single glance. The scenes are processed very efficiently, fast enough to be able to influence object processing. Gist information activates the higher-order semantic network, and facilitates object recognition. The visual system makes use of contextual gist information for object search in natural scenes. The gist guidance model of visual search that combines scene context and top-down mechanisms predicts the image regions to be fixated by the observers performing visual search.
キーワード (和) 視覚 / シーン / gist / 視覚探索 / 眼球運動 / / /  
(英) vision / scene / gist / visual search / eye movement / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, 2009年6月.
資料番号  
発行日 2009-06-09 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT IDY  
開催期間 2009-06-16 - 2009-06-17 
開催地(和) 情報通信研究機構 
開催地(英) NiCT 
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英) 3D Image Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2009-06-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シーンの認識と探索にかかわる視覚のメカニズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Underlying mechanisms of scene recognition and visual search 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚 / vision  
キーワード(2)(和/英) シーン / scene  
キーワード(3)(和/英) gist / gist  
キーワード(4)(和/英) 視覚探索 / visual search  
キーワード(5)(和/英) 眼球運動 / eye movement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 龍人 / Tatsuto Takeuchi /
第1著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-16 14:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 ITE-IDY2009-57,ITE-3DIT2009-41 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 ITE-8 
発行日 ITE-IDY-2009-06-09,ITE-3DIT-2009-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会