映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-09-04 13:00
全方向視差CGHにおけるBabinetの原理と部分光波伝搬を用いた隠面消去法
中村将樹松島恭治中原住雄関西大
抄録 (和) CGHにおいて自然な再生像を得るためには隠面消去や光波遮蔽が不可欠である.しかしCGHの数値合成によく用いられる点光源法のような光線光学的手法では,全方向視差で光波遮蔽を行うことが難しい.一方,波動光学的手法を用いれば全方向視差でも比較的容易に隠面消去が行える.しかし,従来の波動光学的手法では遮蔽の回数だけ全光波の伝搬計算が必要であり,分割計算が必要な大規模なCGHでは非常に長い計算時間が必要であった.そこで本研究では,シフトフレネル回折計算法を用いて部分光波伝搬計算を行い,Babinetの原理に基づいて,物体が存在する部分のみの部分光波をシルエット法により遮蔽する高速な隠面消去法を提案する. 
(英) A novel method for hidden surface removal is proposed in full parallax CGHs. This method is an improvement of the conventional silhouette method and calculates the object field faster than the conventional method in cases of creation of large-scale CGHs. The conventional method requires the same number of operations of total field propagation with the number of objects, whereas this method shields light based on the Babinet's principle and partial field propagation and does not use total field propagation at all. Therefore, in creation of large-scale CGHs that needs segmented frame buffers, the proposed method calculates the object field of occluded scenes much faster than the conventional method.
キーワード (和) 隠面消去 / シルエット法 / 全方向視差 / シフトフレネル伝搬計算法 / / / /  
(英) Hidden-Surface Removal / Silhouette-Masking / Full Parallax / Shifted Fresnel Calculation Method / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, 2009年9月.
資料番号  
発行日 2009-08-28 (AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT 3DMT OSJ-HODIC  
開催期間 2009-09-04 - 2009-09-04 
開催地(和) 日本大学理工学部(船橋) 
開催地(英) Nihon Univ. 
テーマ(和) 立体映像及びホログラフィ 
テーマ(英) 3D Imaging and Holography 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2009-09-AIT-3DIT-HODIC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全方向視差CGHにおけるBabinetの原理と部分光波伝搬を用いた隠面消去法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hidden-Surface Removal by Babinet's Principle and Partial Field Propagation in Full-Parallax Computer-Generated Holograms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 隠面消去 / Hidden-Surface Removal  
キーワード(2)(和/英) シルエット法 / Silhouette-Masking  
キーワード(3)(和/英) 全方向視差 / Full Parallax  
キーワード(4)(和/英) シフトフレネル伝搬計算法 / Shifted Fresnel Calculation Method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 将樹 / Masaki Nakamura / ナカムラ マサキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 恭治 / Kyoji Matsushima / マツシマ キョウジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 住雄 / Sumio Nakahara / ナカハラ スミオ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-09-04 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 ITE-AIT2009-84,ITE-3DIT2009-50 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.35 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2009-08-28,ITE-3DIT-2009-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会