お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-11-13 13:55
微弱な生物発光を検出可能な高感度フォトセンサの開発
亀田成司森山祐介野田健一岩田 穆広島大
抄録 (和) ルシフェリン-ルシフェラーゼの生物発光を利用して大腸菌などの細菌を検出するための高感度フォトセンサを開発した.検出対象は0.00001lux程度の微弱光なので検出するには高感度の受光素子を必要とする.そこで,長時間露光,受光面積拡大とノイズ除去回路によりフォトセンサの高感度化を実現した回路構成を,
0.18um CMOS Image Sensor Processを用いて設計・試作した.本フォトセンサが所望の微弱発光を検出できることを生物発光検出実験により確認した. 
(英) A high sensitivity photo sensor was developed for a luciferin-luciferase bioluminescent reaction-based bacterial detection. The photo sensor requires a high sensitivity photo detector because a detecting target has very low luminescent which is about 0.00001 lux. Therefore, the photo sensor was realized high sensitivity by a long exposure time, a large photo detective area and temporal noise reducing techniques, and fabricated in the 0.18um CMOS image sensor process. The photo sensor was confiremed a possibility of low bioluminescent detection.
キーワード (和) 高感度フォトセンサ / ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応 / 生物発光 / Lab-on-Chip / ELISA法 / / /  
(英) high sensitivity photo sensor / luciferin-luciferase reaction / bioluminescence / Lab-on-Chip / ELISA / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 49, IST2009-87, pp. 23-26, 2009年11月.
資料番号 IST2009-87 
発行日 2009-11-06 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2009-11-13 - 2009-11-13 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体撮像,高精細撮像,特殊撮像,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2009-11-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微弱な生物発光を検出可能な高感度フォトセンサの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A high sensitivity photo sensor for detecting low bioluminescence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高感度フォトセンサ / high sensitivity photo sensor  
キーワード(2)(和/英) ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応 / luciferin-luciferase reaction  
キーワード(3)(和/英) 生物発光 / bioluminescence  
キーワード(4)(和/英) Lab-on-Chip / Lab-on-Chip  
キーワード(5)(和/英) ELISA法 / ELISA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 成司 / Seiji Kameda / カメダ セイジ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 祐介 / Yusuke Moriyama / モリヤマ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 健一 / Kenichi Noda / ノダ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 穆 / Atsushi Iwata / イワタ アツシ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-11-13 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2009-87 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.49 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2009-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会