お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-03 13:35
サブピクセル動き推定とMAP推定を用いたフレーム補間に関する検討
原 浩児信州大)・武久泰夫工技セ)・田中 清信州大
抄録 (和) 本稿では、動画像を対象とする動きベクトルを用いたフレーム補間について検討している。元の動画像系列には存在しないフレームを補間するために、2枚の既存フレーム間でブロックマッチングを行うことによって得られる動きベクトルを用いる。我々の方法では、高精度(高画質)なフレームを再構成するために(i)サブピクセル動き推定、(ii)MAP推定、(iii)オーバーラップブロックマッチング(OBM)を利用する。シミュレーション実験の結果、サブピクセル動き推定を用いることでフレーム補間の性能が改善されるが、その効果はMAP推定によって著しく促進されることが示される。加えて、より正確なサブピクセル動き推定は、MAP推定によってより高画質なフレームを再構成する助けとなる。さらに、OBMもフレーム補間の性能向上に一定の貢献を示す。 
(英) In this work, we investigate on frame interpolation using motion vectors for moving pictures. Motion vectors obtained by block matching between two existing frames are used to interpolate non-existent frames in the original video sequence. In our approach, we adopt (i) sub-pixel motion estimation, (ii) MAP estimation, and (iii) overlapped block matching (OBM) to reconstruct frames with high precision (quality). Simulation results show that sub-pixel motion estimation improves the performance of frame interpolation, but the effectiveness of sub-pixel motion estimation is remarkably promoted by MAP estimation. In addition, more precise sub-pixel motion estimation helps to reconstruct higher quality frames by MAP estimation. Furthermore, OBM contributes to constantly improve the performance of frame interpolation.
キーワード (和) フレーム補間 / 動きベクトル / サブピクセル動き推定 / MAP推定 / オーバーラップブロックマッチング / 動画像 / /  
(英) frame interpolation / motion vector / sub-pixel motion estimation / MAP estimation / overlapped block matching / moving pictures / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 54, ME2009-214, pp. 1-4, 2009年12月.
資料番号 ME2009-214 
発行日 2009-11-26 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2009-12-03 - 2009-12-04 
開催地(和) 長野県工業技術総合センター 
開催地(英) Nagano Prefecture General Industrial Technology Center 
テーマ(和) メディア処理とバイオメトリクス及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2009-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブピクセル動き推定とMAP推定を用いたフレーム補間に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Frame Interpolation Using Sub-pixel Motion Estimation and MAP Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フレーム補間 / frame interpolation  
キーワード(2)(和/英) 動きベクトル / motion vector  
キーワード(3)(和/英) サブピクセル動き推定 / sub-pixel motion estimation  
キーワード(4)(和/英) MAP推定 / MAP estimation  
キーワード(5)(和/英) オーバーラップブロックマッチング / overlapped block matching  
キーワード(6)(和/英) 動画像 / moving pictures  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 浩児 / Koji Hara / ハラ コウジ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武久 泰夫 / Yasuo Takehisa / タケヒサ ヤスオ
第2著者 所属(和/英) 長野県工業技術総合センター (略称: 工技セ)
Nagano Prefecture General Industrial Technology Center (略称: NPGIYC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 清 / Kiyoshi Tanaka / タナカ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-03 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ME2009-214 
巻番号(vol) 33 
号番号(no) no.54 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2009-11-26 (ME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会