お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 14:00
変調機能複合化送信モジュールの研究
大谷拓史田中高行相川正義佐賀大
抄録 (和) 本稿では、両平面回路技術[の特徴を活用することで、Push-Push 発振器、PSK RF 変調器、スロットアレーアンテナを同一基板上に配置する簡易な構成のK 帯送信モジュールについて報告する。
3 つのモジュール構成要素を同一基板上に配置することで、小型で簡易な構成を実現することができる。Push-Push 発振器では、奇数次高調波を抑制し偶数次高調波が合成して出力される。
PSK 変調器はスイッチングダイオードをON/OFF に切り替えることにより、Push-Push 発振器からのRF 搬送波の位相を直接切り替える。スロットリングアレーアンテナは直列分岐と並列分岐の2 種類の分岐回路で給電して、給電素子を励振している。ここでは、3 つのモジュール構成要素を
解析と実験によって検証し、それぞれの特性向上を図っている。 
(英) In this paper, a K-band transmitter module integrating a Push-Push oscillator, a PSK modulator and slot-ring array antenna is presented. The module is very simple structure, because above mentioned three components can be all arranged on a same substrate.
キーワード (和) Push-Push 発振器 / PSK RF 変調器 / スロットリングアンテナ / 両平面回路技術 / / / /  
(英) Push-Push oscillator / PSK RF modulator / slot-ring antenna / both-sided circuit technology / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 3, BCT2010-23, pp. 91-94, 2010年1月.
資料番号 BCT2010-23 
発行日 2010-01-21 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 佐賀大学 本庄キャンパス 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2010-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変調機能複合化送信モジュールの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Microwave Transmitting Module Integrating PSK Modulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Push-Push 発振器 / Push-Push oscillator  
キーワード(2)(和/英) PSK RF 変調器 / PSK RF modulator  
キーワード(3)(和/英) スロットリングアンテナ / slot-ring antenna  
キーワード(4)(和/英) 両平面回路技術 / both-sided circuit technology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 拓史 / Hiroshi Otani / オオタニ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 高行 / Takayuki Tanaka / タナカ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 正義 / Masayoshi Aikawa / アイカワ マサヨシ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2010-23 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.91-94 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会