お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-26 14:30
動き推定によるC-MOSイメージセンサの走査歪み軽減
矢島友太大川 亮相良直哉杉山賢二成蹊大
抄録 (和) 撮像素子として広く使われるようになったC-MOSイメージセンサは、受光情報の読み出し方法がCCDと異なるため、撮像で走査(スキャン)が行なわれる。そのため、画像位置により撮像タイミングにずれを生じ、画像の動きにより歪みを生じる。これを軽減するためには、撮像タイミングをフレーム内同一にする必要があり、メカニカルシャッタを用いるのがひとつの解決手段である。一方、処理の高速化により動画像のほか、静止画像でも連続撮影を行うケースが増えている。そこで、画像間の動き推定により動きベクトルを求め、それにより歪みを補正する方法について検討する。まず走査方法と動きにより生じる歪みと、歪の原因となる動きと得られる動きベクトルの関係を定量的に解析する。そして、実際の撮像画像に対してリサンプリングで形状補正する方法を適用し、効果を確認する。 
(英) In C-MOS imaging sensor which is widely used recently, an image scanning is carried out because of different manner of transfer for the pixel information. This causes a geometric distortion in the captured image depended on the motion. To reduce this problem, the capturing at the same time should be done, and the mechanical shutter is used. On the other hand, sequential capturing for the still image became popular because of high processing speed capability. Therefore, we discuss the compensation method for the geometric distortion using the motion vector which is estimated between the two images. At first, we analyze the geometric distortion caused by the motion. Next, the relation between the motion which cause distortion and the motion vector is discussed. To evaluate the proposal, the geometric compensation method using re-sampling is applied for the actual images.
キーワード (和) C-MOSイメージセンサ / 画像走査 / 動き推定 / リサンプリング / / / /  
(英) C-MOS Image Sensor / Image Scanning / Motion Estimation / Re-sampling / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 9, BCT2010-32, pp. 5-8, 2010年2月.
資料番号 BCT2010-32 
発行日 2010-02-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2010-02-26 - 2010-02-27 
開催地(和) かんぽの宿 勝浦 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2010-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動き推定によるC-MOSイメージセンサの走査歪み軽減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of Scanning Distortion at C-MOS Image Sensor using Motion Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C-MOSイメージセンサ / C-MOS Image Sensor  
キーワード(2)(和/英) 画像走査 / Image Scanning  
キーワード(3)(和/英) 動き推定 / Motion Estimation  
キーワード(4)(和/英) リサンプリング / Re-sampling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢島 友太 / Yuta Yajima / ヤジマ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 亮 / Ryou Okawa / オオカワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相良 直哉 / Naoya Sagara / サガラ ナオヤ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 賢二 / Kenji Sugiyama / スギヤマ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-26 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2010-32 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2010-02-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会