お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-26 14:00
参照画像の量子化誤差最適化による動画像符号化効率改善
室本大賀相良直哉杉山賢二成蹊大
抄録 (和) 動画像の画像間予測符号化では、参照画像に局部復号画像を用いるのが原則である。これは、復号化側での参照画像に合わせるためであるが、復号画像には量子化誤差が含まれるため、予測残差符号化でその成分も符号化することになる。一方、参照画像に原画像を用いた場合、復号化側とのミスマッチにより歪が増加するが、参照画像に含まれる量子化誤差成分を符号化しないで済むので、必ずしも符号化効率は悪くならない。原画像が良いか局部復号画像が良いかは、画像と量子化の関係に依存する。そこで、マクロブロック単位で局部復号画像と原画像を効率比較し、レート対歪み特性を最適化することで符号化効率を改善できる可能性がある。この考えは、すべての画像間予測符号化に適用可能であるが、今回はMPEG-4 Main Profileで実験を行った、実験によりすべての画像で僅かながら改善が可能で、画像によりPSNRで0.2dB程度向上できた。 
(英) The local decoded picture is basically used as the reference for inter-picture prediction to avoid the mismatch between encoding and decoding. However, the coding efficiency is not necessarily the optimal in this processing. In this report, we try to use the original picture as the reference. In this case, the mismatch causes degradation of the picture quality. However, the bit amount will be reduced. To take optimal coding, we propose the adaptive method based on the bit amount and the decoded picture error. The original picture is used only in the block which has less bit amount and small error increasing. We apply this coding to MPEG-4 Main Profile. As the results of experiments, about 0.2dB gain in PSNR is given in a sequence. It is recognized that the adaptive method works successfully and coding performance can be improved.
キーワード (和) 画像間予測符号化 / 局部復号画像 / 符号化ループ / 量子化誤差 / / / /  
(英) Inter-picture prediction / Local decoded picture / Coding loop / Quantization error / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 9, BCT2010-31, pp. 1-4, 2010年2月.
資料番号 BCT2010-31 
発行日 2010-02-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2010-02-26 - 2010-02-27 
開催地(和) かんぽの宿 勝浦 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2010-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 参照画像の量子化誤差最適化による動画像符号化効率改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Video Coding Performance using Quantization Error Optimization of Reference Picture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像間予測符号化 / Inter-picture prediction  
キーワード(2)(和/英) 局部復号画像 / Local decoded picture  
キーワード(3)(和/英) 符号化ループ / Coding loop  
キーワード(4)(和/英) 量子化誤差 / Quantization error  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 室本 大賀 / Taiga Muromoto / ムロモト タイガ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相良 直哉 / Naoya Sagara / サガラ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 賢二 / Kenji Sugiyama / スギヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-26 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2010-31 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2010-02-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会