お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-27 13:45
顔特徴点位置の統計的性質を利用した顔部品形状の抽出精度向上と似顔絵作成
森田圭介今井順一金子正秀電通大
抄録 (和) コンピュータによる顔特徴の解析や似顔絵作成のためには、実写顔画像から各顔部品の形状を表す特徴点を精度良く抽出する必要がある。顔特徴点の自動抽出に関してはこれまでに数多くの研究が報告されているが、顔特徴の解析や似顔絵の作成に耐える精度で安定して検出できるまでには至っていない。本論文では、特徴点位置の統計的性質を利用して、正面向き無表情顔画像から顔特徴点を頑健に自動抽出し、似顔絵を作成する方法について述べる。予め多数の顔画像に基づいて調べた特徴点位置の統計的性質は、特徴点位置の誤検出の判定とそれらの修正との双方に用いられる。様々な年代の男女を含む247枚の顔画像に提案手法を適用し、眉、口、顔輪郭の特徴点について抽出成功率を大幅に向上できることを確認した。 
(英) Accurate detection of facial feature points is crucial to analyze facial features and to synthesize caricatures by computer. There have been many works on the automatic detection of facial feature points. However the accurate detection methods which can be used in above-mentioned applications have not been developed yet. This paper proposes the method to improve accuracy in the detection of facial feature points using the statistical characteristics of their locations. Statistical characteristics are examined by using many face images. They are used both to check the misdetection of feature points and to locate them at the appropriate locations. Experimental results using 247 face images of males and females from various ages show that the proposed method improves the accuracy in detection of feature points for eyebrows, mouth and facial contour.
キーワード (和) 顔特徴点 / 自動抽出 / 統計的性質 / 似顔絵 / / / /  
(英) Facial Feature Points / Automatic Extraction / Statistical Characteristics / Caricatures / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 10, ME2010-65, pp. 65-68, 2010年2月.
資料番号 ME2010-65 
発行日 2010-02-20 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2010-02-27 - 2010-02-27 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2010-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顔特徴点位置の統計的性質を利用した顔部品形状の抽出精度向上と似顔絵作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Accuracy in Detecting Shapes of Facial Components Using Statistical Characteristics of Feature Points Locations and Its Application to Synthesis of Caricatures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顔特徴点 / Facial Feature Points  
キーワード(2)(和/英) 自動抽出 / Automatic Extraction  
キーワード(3)(和/英) 統計的性質 / Statistical Characteristics  
キーワード(4)(和/英) 似顔絵 / Caricatures  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 圭介 / Keisuke Morita / モリタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 順一 / Jun-ichi Imai / イマイ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正秀 / Masahide Kaneko / カネコ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-27 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2010-65 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2010-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会