お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-03 16:00
PLZTを用いた高速可変焦点レンズの基礎実験 ~ 高速時分割方式による立体ディスプレイ実現に向けて(第2報) ~
山本和明東大)・小池崇文日立)・永田邦裕ピエゾセラム テクノロジー)・海老澤瑞枝都立産技研センター)・相澤 隆フルウチ化学)・大西康司オプトセラミックス)・苗村 健東大
抄録 (和) PLZTは電気光学効果の一つであるKerr効果によって印加電圧の2乗に比例して屈折率が変化する特性を持つため,光学素子への応用が考えられる.そこでまず,我々は単体のPLZTについて屈折率の印加電圧依存性を調べた.続いて,報告済みの第一試作レンズの問題点である,圧電効果の影響によるレンズ変形を抑えた二次試作レンズを作製し,その屈折率電圧依存性を調べた. 
(英) PLZT attracts many researchers as a promising material for optical devices because of its useful characteristics: it changes its own refractive index depending on applied voltage by the Kerr effect. First, we examined the characteristics of simple PLZT. Then, we made a high-speed varifocal lens with PLZT which was significantly improved from what we reported before. We employ the novel lens-structure so that we can avoid undesirable deforming of the lens due to piezoelectric effects. We evaluated the characteristics of the lens quantitatively.
キーワード (和) 可変焦点レンズ / PLZT / / / / / /  
(英) varifocal lens / PLZT / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 12, 3DIT2010-41, pp. 59-62, 2010年3月.
資料番号 3DIT2010-41 
発行日 2010-02-23 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2010-03-02 - 2010-03-03 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究-立体映像の知覚認知・生体作用とその評価,及び立体映像技術一般(HI研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2010-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PLZTを用いた高速可変焦点レンズの基礎実験 
サブタイトル(和) 高速時分割方式による立体ディスプレイ実現に向けて(第2報) 
タイトル(英) Fundamental Experiments of a High-Speed Varifocal Lens with PLZT 
サブタイトル(英) Towards the Light Field Display Using a High-Speed Field-Sequential Method(the Second Report) 
キーワード(1)(和/英) 可変焦点レンズ / varifocal lens  
キーワード(2)(和/英) PLZT / PLZT  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 和明 / Kazuaki Yamamoto / ヤマモト カズアキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 崇文 / Takafumi Koike / コイケ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 邦裕 / Kunihiro Nagata / ナガタ クニヒロ
第3著者 所属(和/英) ピエゾセラム テクノロジー (略称: ピエゾセラム テクノロジー)
Piezo-ceram Technology (略称: Piezo-ceram Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 海老澤 瑞枝 / Mizue Ebisawa / エビサワ ミズエ
第4著者 所属(和/英) 東京都立産業技術研究センター 光音グループ (略称: 都立産技研センター)
Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute (略称: TIRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 相澤 隆 / Takashi Aizawa / アイザワ タカシ
第5著者 所属(和/英) フルウチ化学株式会社 (略称: フルウチ化学)
Furuuchi Chemical Corporation (略称: Furuuchi Chemical)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 康司 / Yasushi Onishi / オオニシ ヤスシ
第6著者 所属(和/英) 有限会社オプトセラミックス (略称: オプトセラミックス)
Optceramics Ltd. (略称: Optceramics)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura / ナエムラ タケシ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-03 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2010-89,ITE-3DIT2010-41 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2010-02-23,ITE-3DIT-2010-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会