お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-05-24 13:30
[特別招待講演]視野特性に基づく3次元ディスプレイの研究開発
矢野澄男NICT
抄録 (和) 3次元画像表示装置の原理と具体的な研究開発の例を紹介する.基本的な原理は,空間内に表示すべき物体 を想定し,スクリーンからの光線がその物体からの光線として観視者が受容する光線像再生(light field reproduction)と呼 ばれる方式に依っている.このような光線群をつくるためには,膨大な光線の量を必要とする.この光線群の集合は,スクリ ーンのある1点から上下左右に出射される光線群で構成される.一方,上下方向への光線の出射がない場合も考えることが可 能であり,この場合は水平方向の光線群のみとなり,表示される3次元画像は水平視差のみとなる.これらを具現化する技術 として,Integral photography あるいは高密度指向性3次元画像表示等が知られている.さらに,本稿では,特に,筆者が所 属する情報通信研究機構でのこのような3次元画像表示装置の開発例の概要を短く述べた.開発例は,観視者の手元で3次元 画像を表示することが可能な Cubic-type, 複数人が取り囲んで3次元画像を観視する Tabletop-type, そして,多人数が観視 可能な大画面3次元ディスプレイである.これら開発した機器はヒトの視野の機能基づき,それぞれの3次元ディスプレイの 機能を定めて,開発を進めている. 
(英) In this article, a brief principle and examples of development three-dimensional displays are described. The principle of development of three dimensional displays are based on light field reproduction. In the light field reproduction, the displayed object are supposed in the display space, and the light line from display screen are perceived by viewers as the light line from that object. Numerous of light line are necessary for the making of the field of light line. These field of light line is composed of the group of light line, which is radiated to light and left, and also up and down, on the one point of the display screen. Otherwise, only radiated light line to the horizontal direction is also effective, the displayed three-dimensional images have only horizontal disparity in this case. Integral photography, high density directional images and so on are known as the practical method for development of these three-dimensional displays. Some examples of the developed three-dimensional systems based on this principle in our laboratories are described. There are three kind of three-dimensional displays, one is a cubic-type three-dimensional display, which is used on hand, second is a tabletop-type three-dimensional display, which is watched from viewers at the around of the display, third is a large-screen three-dimensional display, which is watched by the several viewers at the same time. These three-dimensional displayed have been developed based on the human visual field characteristics.
キーワード (和) 3 次元画像 / 光線像再生 / 多視点立体画像 / 視野 / / / /  
(英) three-dimensional image / light field reproduction / multi-view stereo image / visual field / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 18, AIT2010-80, pp. 9-14, 2010年5月.
資料番号 AIT2010-80 
発行日 2010-05-17 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT  
開催期間 2010-05-24 - 2010-05-24 
開催地(和) 独立行政法人 情報通信研究機構 ユニバーサルメディア研究センター 
開催地(英) National Institute of Information and Communications Technology 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2010-05-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視野特性に基づく3次元ディスプレイの研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of three-dimensional displays based on the human visual field characteristics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3 次元画像 / three-dimensional image  
キーワード(2)(和/英) 光線像再生 / light field reproduction  
キーワード(3)(和/英) 多視点立体画像 / multi-view stereo image  
キーワード(4)(和/英) 視野 / visual field  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 澄男 / Sumio Yano /
第1著者 所属(和/英) NICT 情報通信研究機構ユニバーサルメディア研究センター (略称: NICT)
NICT National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-05-24 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-ME2010-88,ITE-AIT2010-80 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-ME-2010-05-17,ITE-AIT-2010-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会