お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-25 16:40
自然光撮影による色と距離情報を用いたカラーホログラム生成
野村光佑東京理科大)・大井隆太朗三科智之NICT)・浜本隆之東京理科大
抄録 (和) 近年,計算機合成方式によるホログラムの生成手法が,多数研究されている.しかし,従来の計算機合成ホログラムでは,CG物体を複数の点で表現する例が多く,実写空間をカラーでホログラムに記録する試みはあまりなされていない.我々のグループでは,実写空間の2次元画像と奥行き画像を用いたホログラム生成手法について提案してきたが,今回新たにカラーホログラムに対して当該手法を適用し良好な再生像を得たので報告する.提案法に基づいて生成したカラーホログラムは,光学再生によって,ホログラムが被写体の3次元空間情報と色情報双方を正しく記録したことを確認した. 
(英) Recently, the computer generated hologram (CGH) methods are heavily researched. In those conventional CGHs, however, CG objects are expressed by multiple mono-color points, and it’s not so common to provide a color hologram of real scene. Though our group proposed a method of hologram generation by using the 2-D and the depth map of real scene, this time we report that we could get the properly reconstruction of image by using our proposal method against the color hologram anew. We confirmed that our proposed color hologram properly recorded both color and the 3-D information of the space by an assessment experiment which optically reconstructs the hologram.
キーワード (和) CGH / カラーホログラム / 実写 / 自然光 / 光学再生 / / /  
(英) CGH / Color Hologram / Real Scene / Natural Light / Optically Reconstruction / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 24, 3DIT2010-47, pp. 25-28, 2010年6月.
資料番号 3DIT2010-47 
発行日 2010-06-18 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2010-06-25 - 2010-06-25 
開催地(和) (独)情報通信研究機構 
開催地(英) NICT 
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2010-06-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自然光撮影による色と距離情報を用いたカラーホログラム生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hologram Generation by Using Color and Depth Information of Real Objects under the Natural Light 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CGH / CGH  
キーワード(2)(和/英) カラーホログラム / Color Hologram  
キーワード(3)(和/英) 実写 / Real Scene  
キーワード(4)(和/英) 自然光 / Natural Light  
キーワード(5)(和/英) 光学再生 / Optically Reconstruction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 光佑 / Kousuke Nomura / ノムラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 隆太朗 / Ryutaro Oi / オオイ リュウタロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 智之 / Tomoyuki Mishina / ミシナ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-25 16:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2010-41,ITE-3DIT2010-47 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2010-06-18,ITE-3DIT-2010-06-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会