お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-30 09:50
地上波デジタル放送における複数チャンネルを用いたマルチパス到来時刻推定方式
中村 聡生天目 翔久下孝順大野光平東京理科大)・太田弘毅NICT)・伊丹 誠東京理科大
抄録 (和) 地上波デジタルテレビ放送における難視の改善が重要な課題となっている.
難視の主な原因として遮へいやマルチパスの影響があげられ,伝送路を正確に解析することは重要である.
地上波デジタルテレビ放送の受信波から得られるパイロットシンボルを用い単一チャンネルにおける伝送路解析を行った際,距離分解能はチャンネルの帯域に依存するため約54[m]となる.
そこで,本検討では複数チャンネルの連結を行い,周波数帯域幅の拡張を行い距離分解能の向上を図った.
さらに,伝送路のパス分解を行うことで電力の大きなパスのサイドローブに隠れていたパスも推定することが可能となった. 
(英) An improvement scheme for degradation of reception characteristics of the digital terrestrial television broadcasting (DTTB) is an important issue.
The degradation is caused by multipath effects and masking problem of the direct path, thus an analyzing technique for the channel is significant.
Resolution of distance in delay profile is not enough using only one channel.
In this paper, the multi-channel connection scheme is proposed.
Resolution of distance in delay profile is improved by the proposed scheme.
キーワード (和) OFDM / ISDB-T / マルチパス / 遅延プロファイル / 複数チャンネル / チャンネル連結 / Newton法 /  
(英) OFDM / ISDB-T / Multi-path / Delay Profile / Multi-channel / Channel Connection / Newton Method /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 33, BCT2010-61, pp. 23-26, 2010年7月.
資料番号 BCT2010-61 
発行日 2010-07-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT HOKKAIDO IEEE-BT  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2010-07-BCT-HOKKAIDO-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上波デジタル放送における複数チャンネルを用いたマルチパス到来時刻推定方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Arrival Time by Using Multi-Channel in Digital Terrestrial Television 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) ISDB-T / ISDB-T  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / Multi-path  
キーワード(4)(和/英) 遅延プロファイル / Delay Profile  
キーワード(5)(和/英) 複数チャンネル / Multi-channel  
キーワード(6)(和/英) チャンネル連結 / Channel Connection  
キーワード(7)(和/英) Newton法 / Newton Method  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Akira Nakamura / ナカムラ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生天目 翔 / Sho Nabatame / ナバタメ ショウ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久下 孝順 / Takamasa Kuge / クゲ タカマサ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 光平 / Kohei Ohno / オオノ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 弘毅 / Hiroki Ohta / オオタ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Infomation and Communication Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第6著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Sci.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-30 09:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2010-61 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会