お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-15 09:50
立体画像の書割効果はSmoothed depth mapを使うと改善される
下野孝一東京海洋大)・Wa James TamCarlos VazquezFilippo SperanzaRon RenaudCRC Canada
抄録 (和) 本研究においてわれわれは,奥行き地図(depth map)を平滑化(smoothing)することによって,立体画像で観察される書割効果を減じることができることを報告した.われわれはまず,立体画像の左眼原画像から奥行き地図を計算し,さらに平滑化を行った後,DIBR(depth-image based rendering)法を使って右眼用の画像を作り,立体加工画像を作成した.観察者は立体原画像と立体加工画像を観察し,それぞれの画像の質,書割効果の程度,視覚的快適性の程度を評価した.16名の観察者の結果は、平滑化奥行き地図で作成した立体加工画像は、原画像と比較して画像の質はいくらか低下するけれども、書割り効果を減じうることが示された. 
(英) We report an experimental study that shows the cardboard effect, which has been often reported for stereo-images, can be reduced by smoothing the depth map of one of stereo-image pair. In the study we first smoothed the depth map from an original image of the left eye in a stereo-image pair, and rendered a new image for the right eye using the depth map and the left eye image based on the depth-image rendering method. Observers estimated the quality of the original stereo-images and the rendered stereo-images in terms of the degree of the cardboard effect, the depth quality and the visual comfort. The results from 16 viewers indicated that the processed stereoscopic image pairs tended to exhibit a reduced cardboard effect, a similar visual comfort, and a rather reduced depth quality, compared to the original stereoscopic image pairs.
キーワード (和) 3次元 / 3次元テレビ / 奥行き地図 / 書割効果 / 奥行き地図平滑化 / DIBR / 奥行きの質 /  
(英) 3-D / 3D-TV / depth maps / cardboard effect / depth map smoothing / depth image based rendering / depth quality /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI CE IEICE-HIP  
開催期間 2010-10-14 - 2010-10-15 
開催地(和) 東北大通研 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 「視知覚の基礎と応用」,「マルチモーダル」,「感性情報処理」,およびヒューマンインフォメーション一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-HIP 
会議コード 2010-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体画像の書割効果はSmoothed depth mapを使うと改善される 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The cardboard effect in stereoscopic images can be reduced by using smoothed depth maps 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元 / 3-D  
キーワード(2)(和/英) 3次元テレビ / 3D-TV  
キーワード(3)(和/英) 奥行き地図 / depth maps  
キーワード(4)(和/英) 書割効果 / cardboard effect  
キーワード(5)(和/英) 奥行き地図平滑化 / depth map smoothing  
キーワード(6)(和/英) DIBR / depth image based rendering  
キーワード(7)(和/英) 奥行きの質 / depth quality  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下野 孝一 / Koichi Shimono /
第1著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMSAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Wa James Tam / Wa James Tam /
第2著者 所属(和/英) Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Carlos Vazquez / Carlos Vazquez /
第3著者 所属(和/英) Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Filippo Speranza / Filippo Speranza /
第4著者 所属(和/英) Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Ron Renaud / Ron Renaud /
第5著者 所属(和/英) Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
Communications Research Centre Canada (略称: CRC Canada)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-15 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-HIP 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会