お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-19 10:00
GPGPUによる顔特徴点の実時間検出に基づく似顔絵アニメーションの自動生成
須藤健児金子正秀電通大
抄録 (和) 本論文ではwebカメラで撮影された顔動画像から各顔パーツの特徴点を実時間で抽出・追跡し、似顔絵アニメーションを自動生成する方法について述べる。動画像から取得した初期フレーム画像に対し円形分離度フィルタを用いて瞳を検出する。瞳の位置から各顔パーツの存在領域を限定した後、YIQ変換、エッジ抽出などの処理によって顔特徴点を検出する。各顔パーツに対して、毎フレーム検出処理を実行することで顔特徴点の追跡を行う。取得された特徴点を繋ぎ合わせて似顔絵アニメーションを描画する。顔特徴点の抽出処理をGPGPUによる並列演算で実行できるようにすることにより処理の高速化を図り、顔特徴点の検出から似顔絵生成までを実時間で行えるようにした。 
(英) This paper proposes a method of real-time detection and tracking of facial feature points from the facial image sequence taken by a web camera, and the automatic real-time synthesis of facial caricature animation. Firstly the pupils are detected in the initial frame by using the circular separation filter. Next the area of each facial part is localized from the positions of pupils, and facial feature points are detected in each area by image processing methods such as YIQ transform, Canny edge operators, and so on. These detection processes are carried out in every frame and facial caricature animation is generated based on the detected feature points. In order to carry out the process from capturing moving facial image to generation of facial caricature animation in real-time, GPGPU and parallel processing methods are introduced to accelerate the detection of facial feature points.
キーワード (和) 顔特徴点 / 追跡 / 自動抽出 / GPGPU / 似顔絵アニメーション / / /  
(英) Facial Feature Points / Tracking / Automatic Extraction / GPGPU / Facial Caricature Animation / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 8, ME2011-2, pp. 5-8, 2011年2月.
資料番号 ME2011-2 
発行日 2011-02-12 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2011-02-19 - 2011-02-19 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPGPUによる顔特徴点の実時間検出に基づく似顔絵アニメーションの自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Synthesis of Facial Caricature Animation Based on Real-time Detection of Facial Feature Points by GPGPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顔特徴点 / Facial Feature Points  
キーワード(2)(和/英) 追跡 / Tracking  
キーワード(3)(和/英) 自動抽出 / Automatic Extraction  
キーワード(4)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(5)(和/英) 似顔絵アニメーション / Facial Caricature Animation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 健児 / Kenji Sudo / スドウ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正秀 / Masahide Kaneko /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-19 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-2 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会